Webスキルアップ

AIに奪われる仕事は? 種類や対策、生まれる仕事も解説

本記事ではAIに奪われる仕事について解説します。AIに奪われる仕事の種類や、個人が出来る対策、またAIによって生まれる仕事も解説します。

AIとは? 軽くおさらい

AI(人工知能)は、コンピューターシステムによって実現される人間の知能や思考能力に相当する技術です。つまり、人間の脳が持つ知能を模倣し、コンピューター上で実現することを目的としています。

AIには、機械学習、深層学習、自然言語処理、画像認識、音声認識などの技術が使われます。これらの技術を使って、コンピューターは、大量のデータからパターンを見つけ、それを学習して自己改善していくことができます。例えば、画像認識技術を使って、コンピューターは写真の中の人物や物体を自動で識別することができます。

AIは、ビジネスや産業分野での業務自動化や最適化、医療や金融などの分野での効率的なデータ解析、自動運転技術の開発など、多岐にわたる分野で応用されています。

AIによって奪われる仕事

AIによって代替される可能性のある仕事は、以下のようなものがあります。

ルーチンベースのタスク

AIは、繰り返し行われる単純なタスクや処理を自動化することができます。例えば、ファクトリーライン上での組み立てや検査、データエントリー、請求書の処理、顧客対応などが挙げられます。

金融サービス

銀行や保険会社などの金融サービスにおいて、AIはデータ解析やリスク管理などに活用されることがあります。そのため、銀行員や保険業務員、投資家などの一部の仕事は、AIによって代替される可能性があります。

車の運転

自動運転車の技術が発展するにつれて、タクシーやトラック運転手など、運転が主な業務となる職種が代替される可能性があります。

顧客サポート

AIは、自然言語処理技術を用いて、チャットボットや音声アシスタントとして顧客サポート業務を自動化することができます。そのため、カスタマーサポート担当者やヘルプデスク担当者などの仕事が代替される可能性があります。

医療診断

AIは、医療画像の解析や病歴の分析などに利用され、診断精度を高めることができます。そのため、放射線技師や臨床検査技師などの仕事が代替される可能性があります。

ただし、AIによって代替される可能性がある職種には、人間の判断や対応が必要とされるケースも多く、完全に置き換えられるわけではありません。また、AIによって自動化されることで新しい職種やビジネスモデルが生まれることもあります。

AIによって奪われる職種

AIによって奪われる職種には、以下のようなものがあります。

組み立て工

工場や製造業の現場で、AIによって組み立てや検査などの作業が自動化されることで、組み立て工の需要が減少する可能性があります。

銀行員

AIが銀行業務に導入されることで、銀行員の業務が自動化される可能性があります。例えば、AIによる顧客サービスやリスク管理などが自動化されることで、銀行員の需要が減少する可能性があります。

小売店員

AIによって、小売店での販売や在庫管理などの作業が自動化されることで、小売店員の需要が減少する可能性があります。

運転手

自動運転車やドローンなどの技術が進化することで、運転手の需要が減少する可能性があります。

書記・秘書

AIによって、文書管理やスケジュール管理などの業務が自動化されることで、書記や秘書の需要が減少する可能性があります。

ただし、AIによって奪われる職種だけでなく、新しい職種も生まれる可能性があります。例えば、AIのプログラミングや開発、AIによるデータ解析やコンサルティングなどが挙げられます。また、AIによって自動化された業務を監視・管理する人材の需要も増加する可能性があります。

AIによって生まれる仕事

AIによって奪われる仕事がある一方で、AIによって生まれる仕事もたくさんあります。以下に、AIによって生まれる仕事の例をいくつか挙げてみます。

データサイエンティスト

AIによって大量のデータが生成されるため、そのデータを分析・活用するスキルが必要となります。データの前処理、分析、可視化、モデル作成などを行い、企業のビジネス戦略や製品開発に貢献することができます。

AIエンジニア

AIの開発に必要な技術を持つ人材が必要です。AIのアルゴリズムやモデルの開発、学習データの前処理、AIシステムの構築、システムの監視や改善などを行います。

自然言語処理エンジニア

AIによる自然言語処理技術が発展することで、自動翻訳、音声認識、テキストマイニングなどのニーズが増えています。自然言語処理のアルゴリズムの開発や実装、データの前処理、言語モデルの改善などを行います。

ロボットエンジニア

AI技術を使ったロボットの開発が進んでいます。ロボットの設計・制御、センサーの設計・開発、AI技術の組み込みなどを行います。

セキュリティエキスパート

AI技術を悪用した攻撃や不正アクセスの脅威が増えているため、AIによるセキュリティ対策が必要になっています。AIを使ったサイバーセキュリティ対策やAIによる不正アクセスの検知・防止などを行います。

これらの仕事には、AIに対する知識やスキルが必要となります。AIによって生まれる仕事は多岐にわたるため、自分の興味や専門分野に合わせてキャリアアップを目指すことが重要です。

個人が出来る対策

AIによって仕事が奪われる可能性があるということは事実ですが、個人ができる対策には以下のようなものがあります。

スキルアップ

AIによって代替される可能性のある仕事は、単純なルーチンベースのタスクや処理が多いです。したがって、自分の専門分野やスキルを高め、クリエイティブなタスクや判断力を必要とする仕事に注力することが重要です。

関連記事:ビジネスマンとして市場価値を高める方法とは?

未来予測

AIの進化は常に進んでおり、未来予測が非常に難しいですが、業界の動向を追い、AIによって自分の仕事がどのように影響を受けるかを予測し、自分自身をアップデートすることが必要です。

コミュニケーション能力向上

AIは、クリエイティブな仕事や人間同士の関係性の築き方など、まだまだ苦手な領域があります。したがって、人とのコミュニケーション能力を高め、人間的な価値を提供することが重要です。

転職

自分の仕事がAIに代替される可能性が高い場合、別の業界や職種に転職することも考えられます。AIが進化していくことを前提に、将来的に需要が高まる職種に転職することが一つの手段です。

関連記事:【30代×地方在住×未経験】がWebマーケティング転職を成功させた戦略

創造性を発揮する

AIに代替されることのない、創造性を発揮する仕事や、人間らしいサービスの提供に注力することが重要です。

これらの対策を講じることで、AIの進化に対応し、自分のキャリアを維持・発展させることができます。

AIについての知識を得る方法

AIについての知識を得るためには、以下のような方法があります。

オンラインコース・オンラインスクール

Coursera、edX、Udemyなどのオンラインプラットフォームでは、AIについての多くのコースが提供されています。これらのコースは、AIの基本的な理論、プログラミングスキル、機械学習アルゴリズム、データ解析などを学ぶことができます。

以下はAIについて学べるおすすめのオンラインスクールです。

書籍

AIに関する多くの書籍があります。初心者向けの入門書から、より専門的な書籍まで、多くの情報があります。初心者であればまずは以下のような書籍から概要をつかむと良いでしょう。

オンラインコミュニティ

AIに関するオンラインコミュニティに参加することで、AIの最新のトレンドや技術について学ぶことができます。代表的なオンラインコミュニティには、Stack Overflow、GitHub、Reddit、Kaggleなどがあります。

研究論文

AIに関する最新の研究論文を読むことで、AIの最新技術について学ぶことができます。代表的な研究論文の出版元には、arXiv、IEEE、ACMなどがあります。

実践的なプロジェクト

AIを実践的に学ぶために、プログラミング言語を使用してAIプロジェクトを行うことができます。 Kaggleなどのオンラインプラットフォームでは、AIに関する多くのデータサイエンスプロジェクトが提供されています。

これらの方法を利用することで、AIについての基本的な理解を深めることができます。

まとめ

今回はAIに奪われる仕事や職種、対策方法などについて解説しました。AIに取って代わる仕事もありますが、AIによって生まれる仕事もあります。これからの社会のなかでAIと共存し、AIを上手に活用できるような人材になれるようにスキルアップしましょう。

■AIについて学べるおすすめのオンラインスクール

  • この記事を書いた人

ヒロ

Webマーケティング会社でマーケターやってます。自社とクライアントのメディアのグロースやってます。このブログは主に力抜いて思うことを書く場としています。たまにマーケティングのノウハウとか書きます。

-Webスキルアップ