副業

かんたん!独自SSLを利用してるのにhttps化されない時のWordPressのURL設定方法

 

Xserver契約時に独自SSLを利用するようにしたはずなのに、実際のサイトはhttpのままだ。
どうやって自分のサイトをhttpsに変更するんだ?

 

↑本記事ではこのような疑問にお答えしています。

 

Xseverでは契約時に無料独自SSLを利用することができます。

 

しかし実際にWordPressをインストールしてサイトを見てみると、URLが【http】のままで【https】になっていないことがあります。

 

Xserver契約からWordPress設定までまだ済ませてない場合はこちらの記事で手順を確認してください。

 

SSLやhttpsの知識については本家本元の大手サーバー会社(GMO)とかのサイト見た方がわかると思うので詳しく知りたい人は読んでみてください。

SSLとは?httpsとは?簡単説明

 

ざっくり知りたい方にはこちら↓

なぜhttps化した方がいいか?ざっくり解説

〇https化したほうがサイトに訪れたユーザーの安全性が保たれる

〇セキュリティレベルが上がる

〇Googleからの評価が上がる

 

つまりWordPressでサイト運営するならhttps化しない理由はないということです。

 

WordPressでURLをhttpsに変更する方法

 

WordPressでURLをhttpsに変更するのは簡単です。

【ダッシュボード】→【設定】→【一般】で一般設定のページを開きます。

 

【一般設定】を開いたら、【WordPressアドレス】と【サイトアドレス】をhttpからhttpsに書き換えるだけです。

 

とりあえずこれでWebサイトはhttpsになりました。

 

しかしこれだけではまだ完ぺきではありません

 

先に説明した設定を終えると、あなたのサイトはhttpsのサイトになります。

 

しかしそれだけではまだhttpのサイトもhttpsのサイトも同時に存在していることになります。

 

つまりhttpの方のあなたのサイトに来た人は、安全性的に危うい状態になってしまうわけです。同じサイトが2つあるし安全性的に良くないということで、Googleの評価も良くありません。

 

よって、httpのほうにアクセスされても、httpsのほうに行ってもらうように設定する必要があります。

 

しかしそれが【.htaccess】を記述したりプラグインの【Redirection】を使ってURLを1つ1つ設定したりと面倒ですし、初心者には難しいところです。

よって、httpsの設定からリダイレクト処理まで一気にやってくれるプラグインを紹介します。

 

プラグイン「Really Simple SSL」を使う

 

プラグインの「Really Simple SSL」を使うと面倒な作業なく一瞬でhttpからhttpsに変更しリダイレクト処理までしてくれます。

 

まずプラグイン検索画面で「Really Simple SSL」と入力し、【今すぐインストール】をクリックします。

 

インストールしたら【有効化】をクリックします。これで準備はOKです。

 

プラグインの有効化をしたらこの画面になるので、【SSLを有効化】をクリックします。

バックアップしていない場合は【UpdraftPlus】というプラグインを使うなどしてバックアップしておくことをおすすめします。

 

これでWordPressでのhttps化からリダイレクトまで完了です。

お疲れ様でした。

  • この記事を書いた人

ヒロ

楽活ブログ運営者のヒロです | 接客業でしたが30代からブログを始めて事業会社のWebマーケティング責任者にキャリアチェンジ|ブログ&YouTube&Twitterで【キャリアチェンジ・稼ぐ力・スキルアップ】の情報発信中|Webの力で、楽しく自由に生きる人を増やしたい 運営者プロフィール

-副業
-,