仕事 転職

転職をするなら業種を替えても問題ない職種に就こう

ミーティング

 

いまの時代どの業界が衰退してどの業界が繫栄するかわからない。でもこれから比較的安定していて業界問わず活躍できる仕事ってないだろうか?

 

↑本記事はこういったお悩みにお答えしています。

 

ちょっとした自己紹介です

・建設会社でWebマーケティング社員として働いています

 

 

こんな人におすすめの記事です

・業界の動向を心配することなく安定して稼ぎたい方

・ITやマーケティングに興味がある方

 

業界を転々としてきたけど、どこでも通用するスキルが欲しいという人に朗報です。

 

読むメリット

・どの業界でも通用するスキルが分かる

・どの業界でも通用するスキルを付ける方法がわかる

 

では、すでにお分かりだと思いますが、もったいぶるのも意味がないので、さくっと結論に行ってしまいましょう。

 

結論です

マーケティング(特にWebマーケティング)の能力を磨こう

 

どの業種・業界でも商売を反映させるためにはマーケティングが必要です。そして今どんどん需要が上がっているWebマーケティングができたらなおよしです。

ということでこの記事ではWebマーケティングに焦点を当てて解説していきます。

 

 

転職をするなら業種を替えても問題ない職種に就こう

 

マーケティングというと、その業界や商品についてよく知っておかないといけないということもあり【その業種に長年携わってないとマーケティングなんてできないのでは?】という意見もあるでしょう。

確かにそれもある意味では正解かもしれませんが、不正解であるとも言えます。

以下からはもっと深掘りしていきましょう。

 

業界問わずつぶしのきく職種はWebマーケティング職です

 

先ほど、その業界に長く携わっていないとマーケティングなんかできない【というわけではない】ということを書きました。

もしその業種・業界に長くいる人じゃないとマーケティングができないなら、今回の主張は破綻していることになりますし、マーケティングが業種関係なく使えるスキルではなくなってしまいますよね。

以下からは特にWebマーケティングは所属する業種関係なく使えるものということと、Webマーケティングにおいて大切な考え方をシェアしていきます。

 

商品が変わっても使うスキルは同じだから

 

そもそもWebマーケティングって何?ということころから始めると、シンプルにいうとWebマーケティングとは【インターネットを使った集客】です。

近年ではITの技術の高まりやコロナの影響もあり、Web上で売買が完結することが多くなりました。

家にいながらスマホで調べ物をしたり買い物をすることが増えているので、Webマーケターの需要も上がっているのです。

広告費においてもネットに使われる広告費が、TV業界に使われる広告費を抜きました。

 

そしてそのWebマーケティングには様々な手法があります。

 

Webマーケティングの手法例

SEO:Googleなどの検索画面でサイトを上位表示させるための方法

・SNS:ソーシャルメディアを使っての集客

・Web広告:ネット上に広告を出す手法

・動画:YouTubeやHPに動画を載せて集客

・Webセミナー:オンライン展示会など

・メール:MAツールなどを使って何度かHPに来た人などにメールをする手法

 

Webマーケティングというとやることは色々あるんですけど、Webマーケティングをきちんとできれば業界がどこであろうと売るものが何であろうと、応用ができちゃうんですよね。

Webマーケティングのスキルさえあれば、中身はその手法に乗せていけばいいだけです。

 

しかしマーケティングの基本は押さえておかなければならないので、以下ではマーケティングの基礎として使える知識を解説します。

 

3C分析が大切

 

3C分析とはなんぞや?と思う方のために説明すると、3Cとは以下のことを言います。

 

3Cの要素

・Customer:カスタマー:市場・顧客

・Competitor:コンペティター:競合他社

・Company:カンパニー:自社

 

市場・顧客(カスタマー)、競合他社(コンペティター)、自社(カンパニー)の頭文字をとって3Cで、その3Cを分析するから3C分析です。

そしてその3C分析をするからこそ、マーケティング施策が見えてくるのです。

 

例えばちょっと簡単な例でいうと、

例えばあなたがとある町で家電量販店をしているとします。その町にはあなたの家電量販店しかなかったので、町のみんなはあなたの店から買っていました。

しかしあるときあなたの町に、家電量販店が他に3つ出来ました。

単純に考えるとあなたの店の売り上げは激減します。

しかしあなたは市場・顧客を分析し、子連れが多いことに気が付きました。

自社の社員を見ると、他社と違い、子育てを終えたママさんやちょうど子育て中のママさんがたくさんいます。元保母さんをやっていた人やカフェで働いていた人もいました。

そこであなたは、自分のお店にキッズスペースを作ったり、カフェコーナーを作ったり、なるべく子供やお母さんがいやすい場所を提供したのです。

すると子供やお母さんが他のスペースでゆっくりしている間、お父さんはあなたの家電量販店をじっくり見て回りやすくなり、お客さんの滞在時間が増えました。

せっかく来てくれたお母さんたちにも家電製品を見てもらうように、ママさん従業員おすすめのキッチン家電コーナーを作ったり、子供のおもちゃコーナーを充実させ、結果的に売り上げが伸びました。

あなたは市場・顧客、競合他社・自社を分析し、子供やママがいやすい家電量販店を作ったのです。

 

とまあ大雑把な例ですが、市場、他社、自社がわかると、何をしなければならないのかがわかってきます。

実際はもっと調査しまくってこういったマーケティング施策を細かく練り上げ、自社の強みを活かした効果的な差別化を図りブランドを確立させていきます。

あなたの会社が唯一無二になれば、競合他社に顧客を取られることはなくなります。

 

 

Webマーケティングのスキルを付ける方法

PCと本

 

じゃあ経験のない人がどうやってWebマーケティングを学ぶの?ということで、端的に言うとアフィリエイトをしましょうということです。

アフィリエイトとは自分のWebサイト上に記事を書いて広告を貼って、その広告から商品を買った人がいたら広告主からASPという仲介会社から報酬が支払われる仕組みのビジネスです。

 

アフィリエイトで稼ごうとするとSEO・SNSなどは学ばないといけませんし、やろうと思えばですがサイト作成や画像編集なども学びます。

アフィリエイトをやっておけばWebマーケティングに必要なスキルはおおかた手に入るということです。

 

アフィリエイトの概要についてはとりあえずこの動画を見ておけばOKです。

 

あとこれからもしサイトを立ち上げるなら、ドメインはどこの会社で取ろうとか、サーバーは何が良いだろうとか、ワードプレスのテーマは何が良いだろうとか、そういう問題が出てきます。

色々言う人いますけど、先にいっときます。

 

・ドメイン取得(お名前.com:年間3千円くらい)

・サーバー(エックスサーバー:年間約1万円)

・WordPressテーマ (WING:AFFINGER5:買い切りで1万5千円円程度)

 

これが鉄板です。

いまは意味が分からなくても、いつかわかる日が来ます(笑)

それくらい王道のコンビネーションです。

 

Webマーケティングを学ぶためのおすすめの本もまとめているのでこちらもどうぞ。

Webマーケティング社員がおすすめするWebマーケティング初心者のための本【スキル別に解説】

 

他にもWebマーケティングを学ぶために僕は色々使いました。

さっさと網羅的に深く学びたいという人にはいいと思います。

Udemy

優良な動画が低価格で購入できる世界的に有名なサービス

・TechAcademyのWebマーケティングコース

講師の平均レベルの高さ、教材の密度など、オンラインスクールでは個人的にNo.1だと思います。

 

教材だけではなく自分でググって調べるのも大事です。

というかそれこそとても大事というか、ググり力って僕は勝手に読んでますけど、仕事でもわからないことあったらググって調べる機会がたくさん出てくるので、ググり力を高めるためにもWebマーケティングのわからんこともググりまくりましょう。

でも【わからないことがわからない】という状況をいち早く脱出したり、ある程度わかってきたけど網羅的にわかったかわからないし不安という場合は、オンラインスクールとかもありだと思います。

 

 

1つずつ身に付けていこう

 

Webマーケティングとなるとやることは色々ありますけど、全部一度に身に付けようと思っても意味わからなくなるので、とりあえずワードプレスでサイト作ったらひたすら記事書きながらSEOの勉強して、そうしてSNSの重要性もわかってくるのでSNSもやっていけばいいと思います。

そうしてるうちにセールスライティングもやらなきゃとか、サムネイルもちょっとはいじりたいなとか思ってくるので、そうなったらやればいいかなと思います。

慣れてきたらリスティング広告とかもやってみるとGoogleの仕組みとかもよくわかってくるので、いいかなと。

 

以下まとめです。

今回は【転職するなら業種を替えても問題ない職種に就こう】という記事でした。

結論としては、Webマーケティングができれば業種や商品関係なく応用できるから。

 

Webマーケティングの手法例

SEO:Googleなどの検索画面でサイトを上位表示させるための方法

・SNS:ソーシャルメディアを使っての集客

・Web広告:ネット上に広告を出す手法

・動画:YouTubeやHPに動画を載せて集客

・Webセミナー:オンライン展示会など

・メール:MAツールなどを使って何度かHPに来た人などにメールをする手法

 

 

マーケティングに大切な3Cの要素

・Customer:カスタマー:市場・顧客

・Competitor:コンペティター:競合他社

・Company:カンパニー:自社

 

サイト立ち上げに必要なもの

・ドメイン取得(お名前.com:年間3千円くらい)

・サーバー(エックスサーバー:年間約1万円)

・WordPressテーマ (WING:AFFINGER5:買い切りで1万5千円円程度)

 

 

Webマーケティングに必要な知識を学ぶ方法

〇↓この記事を読む

Webマーケティング社員がおすすめするWebマーケティング初心者のための本【スキル別に解説】

 

〇オンラインサービスを使う

Udemy

優良な動画が低価格で購入できる世界的に有名なサービス

 

・TechAcademyのWebマーケティングコース

講師の平均レベルの高さ、教材の密度など、オンラインスクールでは個人的にNo.1。

 

あとは基本わからないことがあったらググりましょう。

 

 

あとはプログラミング(Python)とかもおすすめです

プログラミング女性

 

余談ですが、プログラミングができたらマーケティングや仕事の効率化に使えるので便利ですよ。

プログラミング言語であるPythonとかできたら、データ分析や自動化にも使えるのでおすすめです。

 

こんな記事も書いてるので、読んでみてください。

Webマーケティング職がプログラミング「Python」を学習するメリット【結論:Webマーケティング×Python(データ解析)は最強】

 

 

  • この記事を書いた人

HIRO

HIRO-BLOG運営者のヒロです | 元接客業なのに30代からブログを始めてWebマーケターに転職し、今では会社のマーケティング責任者で、採用にも関わっています。個人でブログも運営しています |「マーケティング×副業×転職×スキルアップ」などQOLを上げるための情報を発信中 | 中身は32歳妻子持ちのおっさんです | 【経歴】ブラック土木設計技師➡夜勤ホテルマン➡Webマーケター | 筋トレや熱帯魚が好き | プロフィール詳細

-仕事, 転職

Copyright© HIRO-BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.