スキルアップ

【ダメな勉強法】と【効率の良い勉強法】の違いとは?

ダメな勉強法

 

勉強をコツコツ頑張っているのになかなか成果がでない。自分の勉強の仕方がダメなのかな?他の人はどんな風に勉強をしているんだろう?

 

↑本記事ではこういったお悩みにお答えしています。

 

まずは自己紹介です。

・勉強は嫌いどころかむしろ好きな方なのになかなか身に付きませんでした。

・色々と遠回りをしましたが、今は効率よく学習ができています。

 

今の時代、何か勉強したければ情報はたくさんありますよね。

参考書だけではなく、ネットにも情報はたくさんあります。

でも、情報がたくさんあって、その情報に触れているのに、なかなか成果がでない人もたくさんいますよね。

僕もそんな勉強しているのになかなか成果が出ない中の一人でした。

 

ということで本記事では、僕の失敗をもとにダメな勉強法と良い勉強法を解説します。

 

 

こんな人におすすめの記事です

・勉強方法に悩んでいるすべての人

特に、、、

・ダメな勉強方法を調べて避けたい人

・自分の勉強方法で良いのか確かめたい人

 

 

この記事を読むメリット

・ダメな勉強方法がわかり学習効率が上がる

 

ここでいう学習とは、あらゆる学習のことを指しています。

・学校の勉強
・試験の勉強
・会社の勉強
・副業の勉強
・趣味の勉強
・事業の勉強

色々あるでしょう。

 

ちなみに自分なら

 

・英語学習
・マーケティング
・プログラミング

 

この辺りに苦戦して試行錯誤していました。

 

自分の場合はどうだろう?とご自身のケースに当てはめながら読んでください。

 

ではせっかちな人のために先にダメな勉強方法を挙げてしまいましょう。

 

ダメな勉強方法

・参考書を読んでから問題を解く

・目標がない

・スケジュールがない

・アウトプットしない

・見直しをしない

・勉強ばかりで一切運動をしない

 

 

【ダメな勉強法】と【効率の良い勉強法】の違いとは?

 

 

ダメな勉強方法1:参考書を読んでから問題を解く

 

参考書を読んでから問題を解くのは非常に効率が悪いです。

これは学校の試験の話だけではなく、他の学習でも同じです。

 

ダメな勉強方法の具体例

教科書を読んでから問題集を解く。

教材を読んでからブログを立ち上げる。

何冊も本を読んでから株を始める。

専門書を読んでからプログラミングを始める。

 

全部ダメです。

 

正解は、、、

・問題集を解いてから、わからないところを教科書で確認する。

・ブログの立ち上げ方をネットで調べつつブログを立ち上げて、まずは記事を書いてみる。

・株入門!みたいな本を1冊読んだら少額でとりあえずなんか株買ってみる。

・本はダメ!しょっぱなはProgateで手を動かしながらプログラミングに慣れる!

 

こんな感じです。

 

先に実践を経験していないと、重要な部分がわからないため、先に情報だけを取り入れても印象に残らないし、無駄な情報を取り入れてしまってとにかく効率が悪いんですよね。

だから順番は、【実践 → 勉強】です。

けっして【勉強 → 実践】ではありません。

これはどんな学習でも同じです。

 

 

ダメな勉強方法2:目標がない

 

目標がない、もしくは目標があいまいだと、何をどうやってどれくらい勉強したらいいのかわかりません。

でもただなんとなく知識を付けようと思って本を読んだりしていませんか?

別にそれも楽しいとは思いますが、効率的とは言えません。

 

目的があいまいだと、【やらなくていいこと】にも時間をかけてしまいかねません。

【やること】と【やらないこと】を明確にするためにも、しっかりと目標を立てましょう。

 

ダメな勉強方法3:スケジュールがない

 

しっかりと目標を立てても、日々の行動がスケジュールに落とし込まれていないと、人はなかなか行動に移せないものです。

目標達成の期日を設定して、それから逆算して日々の行動計画を立てましょう。

 

ダメな勉強方法4:アウトプットしない

 

インプットばかりでアウトプットしないと、自分がどの程度理解しているのか確認できません。

それにアウトプットをすることによって、知識が定着するというメリットもあります。

インプットとアウトプットはワンセットにしましょう。

 

例えば、試験問題なら、

問題集 → 見直し&教科書 → 問題集

 

などのような流れです。

なかなかできないかもしれませんが、慣れてくると普通になります。

 

ダメな勉強方法5:見直しをしない

 

先にも出てきましたが、問題を解いた後に解きっぱなしになっていたら修正のしようがないですよね。

問題を解いたり、何かアウトプットしたら、それが合っているのかどうなのか、見直しをしましょう。

そうやって自分の知識の穴を埋めていきましょう。

 

ダメな勉強方法6:勉強ばかりで一切運動をしない

 

勉強を頑張っているとなかなか運動にまで意識がいかないですよね。

でも運動することによって脳が活性化して集中力が持続するようになることは科学的にわかっていることです。

といってもキツイ運動までする必要はなく、ウォーキングしたり軽めの有酸素運動や軽めの筋トレでもOKです。

 

座りっぱなしで腰痛にならないためだったり、体重が増えたりしないように、勉強を頑張っていても運動はしましょう。

むしろ勉強の効率を上げるためにも運動はしましょう。

 

 

結論とまとめ

 

まとめです。

【ダメな勉強法】

・参考書を読んでから問題を解く

・目標がない

・スケジュールがない

・アウトプットしない

・見直しをしない

・勉強ばかりで一切運動をしない

 

 

今回は以上です。

この記事を読んで少しでも学習が効率化したら幸いです。

 

この記事が良いと思ったら、僕のTwitterをフォローしてください。

スキルアップのためになる情報をお届けします。

  • この記事を書いた人

ヒロ

楽活ブログ運営者のヒロです | 接客業でしたが30代からブログを始めて事業会社のWebマーケティング責任者にキャリアチェンジ|ブログ&YouTube&Twitterで【キャリアチェンジ・稼ぐ力・スキルアップ】の情報発信中|Webの力で、楽しく自由に生きる人を増やしたい 運営者プロフィール

-スキルアップ
-