コメディ

【リトルトゥース集まれ!】リトルトゥース歴5年の僕が人気ラジオ番組であるオードリーのオールナイトニッポンを語るよ!【おすすめ神回多数】

 

お笑い芸人のオードリーのラジオが面白いらしいけど、途中から聴き始めても大丈夫なのかな?
今までの内容や神回とかざっと知りたいな。

 

↑今回はこんなあなたのための記事です。

 

ちょっとした自己紹介です

リトルトゥース(オードリのオールナイトニッポンリスナー)歴5年です。

 

この記事は独断と偏見でオードリーのオールナイトニッポンの神回等を紹介する記事です。

最近オードリーANNを聴き始めた人だけでなく、以前からのリトルトゥースも楽しめる内容になっていると思います。

 

スポンサーリンク

目次

リトルトゥース歴5年の僕がオードリーのオールナイトニッポンを語るよ

 

予めおことわりしておきますが、オードリーANNは10年以上も続けている番組ですので、すべての情報を網羅することはできません。

 

この記事は、僕の知る範囲で僕にとっての好きなオードリーANNの話です。

足りない情報は今後もどんどん更新していきます

この記事は時とともに成長していく記事です。

 

僕の記事を読んで少しでもロングスカートを履いたおばさん以外のリスナーも増えてくれたら幸いです。

 

スポンサーリンク

僕がリトルトゥースになったきっかけの神回

 

リトルトゥース歴は5年くらいですが、きっかけはYouTubeでした。

 

2015年にすべらない話で春日さんがMVSを取ったのですが、

それが悔しかった若林さんが苦しい心情を吐露していた回があります。

 

今年一年を一文字に表すとどうなる? との話題で若林さんは悔しいの「悔」を選びました。

その悔しさと不快感を吐露する若林さんが面白くて、それから一気にリトルトゥースになっていきました

 

スポンサーリンク

僕が思うオードリーの持ち味(勝負球)

 

コンビの掛け合いが良いですね。

中学からの同級生だからでしょうか。

 

気心知れた仲なので掛け合いが面白いです。

昔からの仲なので、共通の話題やネタ・エピソードが豊富なのも強みです。

 

2人とも(特に若林さん)人様の事を言えるようなそんなたいそうな人間じゃないからという理由から時事ネタを話さないということを決めているため、誰かが炎上したり何か世間的に大きな事件があっても災害など以外は世間のことを大きく取り上げません。

いつも日常通りのバカ話をしてくれるので、そういったところが他のラジオパーソナリティーとは違い、僕は大好きなのです。

それが2人の勝負球なのです。

 

スポンサーリンク

オードリーの簡易プロフィール

 

ふたりのプロフィールは事務所(ケイダッシュステージ)の公式サイトwikiを見ればいいだけなので、

ここでは僕の思うふたりについて書きます。

 

若林正恭さん

 

1978年9月20日生まれ。子供のころのあだ名は「ジャリ」「キポさん」など。

漫才では突っ込みとしての役割を担っていますが、MCもボケもオールマイティにできるようです。

近年はMCとしての能力が認められ、テレビで観ない日はないと思います。

 

本人は自分のことを頭が悪いと思っているようで、エッセイによると家庭教師をつけているようです。

以前は人見知り芸人として有名でしたが、ガールズバーに通い続けて克服したようです(笑)

 

笑いの取りどころの空気を読む力に長けており、振りがとても上手です。

(本人は振りがしっかりしたお笑いはあんまり好きじゃないみたいですが)

誰かが滑ってもきちんと救って笑いにしてまとめてくれる力があります。

 

かなりの苦労人で売れない頃から地道に春日さんの家などでお客さんを数人集めたトークライブをしていたことがあり、少しずつ力をつけたのだとか。

漫才では突っ込みですし、テレビではMCをやることが多いため、ラジオではボケまくっていることが多いです。

というかほぼボケです。

 

オードリーの前は「ナイスミドル」というコンビ名で春日さんが突っ込みで若林さんがボケをしていました。

そのころは全然売れなかったそうですが、キャリアを積んで地肩が強くなったので、今ではお互いにどちらをしても面白いのでしょうね。

ラジオでは春日さんをいじりまくっているのも面白いですし、独特の感性のトークはハマって聴いてしまいます。

 

入船出身なのに築地出身と言い張ります。理由は築地の駅をよく使っていたからです。

売れた今でも「江戸っ子キャラで売り出せばよかった」と昔の自己プロデュース方法の間違いを悔いることがあります。

 

2019年11月22日に15歳年下の看護師さんと結婚され、交際3か月のスピード婚ということで話題を集めました。

嫁がナンバーワン!

 

春日俊彰さん

 

1979年2月9日生まれ。

僕にとっての「としちゃん」は春日俊彰さんか久保田利伸さんです。

 

おもしろ莊やM1グランプリでブレイクしてからは春日さんのスター性が注目を浴びました。

それからは若林さんも能力の高さを評価され、

春日さんは実は若林さんの操り人形なのでは?と思い始めた方もいらっしゃったかもしれませんが、

春日さんも炎の体育会TVなどで活躍するなどして、

コンビふたりとも有能だということを世に知らしめました。

 

春日さんの素晴らしいところはスター性です。

ずっと稽古をして身につけたものだとは思いますが、

漫才中やロケ中など春日さんがずっと「ニカッ」と笑顔をキープしている時があります。

日向坂46の「日向坂で会いましょう」がまだ「ひらがな推し」だった頃、

メンバーの楽屋イジリの回で春日さんがメンバーの持ち物チェックをする際に、

ずっと変態的な笑顔をキープし続けていたのは本当にプロだなと思いました。

楽屋イジリの流れやバリエーションも多くてかなり場数を踏まれているという印象で、

もちろんとても面白かったのですが、面白いと同時にすごいと思いましたね。

 

春日さんの人間性はとても変わり者といった印象で、エピソードはどれも面白いです。

リトルトゥースになる前は春日さんはあまりトークができないと思っていたのですが、

ラジオを聴き始めてその認識は間違っていることがよくわかりました。

MVSをとっただけあって、トークはかなり流暢ですね。

10年ラジオを続けているだけあります。

 

テレビではボケを担当することが多いですが、ラジオではツッコミもしています。

若林さん的には春日さんがラジオでボケないからしかたなく若林さんからボケていると言っていますが、

僕的には若林さんはボケたくてボケていると思います(笑)

 

色んな言葉を自分流にアレンジして「春日語」を作ったりしていて、それを若林さんにいじられまくっているのも面白いです。

あとあまり指摘されませんが、春日さんの笑い方がとても下衆なのでそこも好きなところです(笑)

 

2019年中間あたりくらいまでは日向坂46にあまり興味がないふりをしてハスッていましたが、

2019年後半からはおひさまになったことを完全に隠さなくなりました

またボディビルしてほしいな(笑)

 

 

いや誰が見るんだよ!

 

スポンサーリンク

好きなくだりとリトルトゥース用語

 

ここではよく出てくる好きなパターンを紹介します。

 

チャレンジ

 

これはかなり前からあるのですが、いまだに使われる下りなのでノミネートしました。

チャレンジとはアメリカンフットボールにおいて、判定が不服だった際にビデオ判定を求めることを言います。

ふたりとも学生時代にアメフト部だったこともあり、

そこからの引用なのですが、主に春日さんがトーク中に言い間違いをした際に使用されるくだりです(笑)

春日さんが言い間違いをするとすかさず若林さんがディレクターの石井さんに「石井ちゃん、お願い」と言って春日さんが言い間違えた個所まで巻き戻して再生します。

そして春日さんも言い間違いをする自分に対して「なんだこいつ!〇〇って!」と自分のミスを自分で責めるところまでがパターンです。

毎回笑ってしまいます(笑)

一番好きなチャレンジは武道館ライブの大事な話をしている時に何故かセッ〇sとか言っちゃう回です。

 

ふくびん

 

往復ビンタの復だけのビンタのことを言います。

ふくびんは手の甲で行うために、手の骨の部分が当たるので、場合によっては普通のビンタより痛いようです。

最近は若林さんがかなりハマっているようです。

 

丸山弁護士

 

若林さんが春日さんをいじるときに言う呼び名です。

春日さんのトレードマークである七三分けのテクノカットからプライベート用に髪を下した時に、

春日さんは実はイケメンと言われることがあるようなのですが、

若林さんはこれに不服なようで、マラソンのあとの丸山弁護士にしか見えないと言っています。

もしくは日清戦争の映画を撮っている丸山弁護士(まるべん)です。

言われてみれば似てるかなー?とは思いますが、これも頻出するくだりです。

 

キャップかけ

 

若林さんが春日さんの頭にペットボトルのキャップに入れた水をかけるくだりです。

 

ラジオなので全く見えませんが、若林さんから水をかけられる春日さんを想像すると笑ってしまいます。

基本的に春日さんが言い間違いをしたり何かトチると若林さんに「これはキャップかけだな」と言われます。

 

ちなみに春日さんの「あんなこと」があった直後のラジオでは、春日さんがこんなになったのにまだ甘い自分へのいましめとして

若林さんは自分で自分にキャップかけしようとしていました(笑)

 

最近は頻繁に出てくるので要チェックです。

 

ちなみにアンガールズ田中さんゲスト回では、若林さんは田中さんにめちゃくちゃキャップかけしてました。

田中さんは本当にずぶ濡れが良く似合う、キャップの水もしたたるいい男です。

 

妹がいるから頭撫でる

 

一番好きなくだりかもしれません。

 

2019年1月19日の若林さんのオープニングトークから生まれたくだりなのですが、

若林さん曰く、春日さんは妹がいるからとても面倒見がよく、共演者の相談役になることが多いそうで、

よく女性芸能人から悩み相談された際に頭を撫でたりほっぺにキスをしたりして慰めてあげているそうです。

全部嘘なんですが、こういう嘘を平気で何十分もつきつづけるのもふたりのラジオの勝負球です。

 

春日さん曰く「夢みたいなこといってんじゃないよ。寝てんのか収録中!」だそうです。

 

ちなみにこの日はふくびんもして丸山弁護士いじりもしているのでフルコースです。

 

狙ってる女

 

完全に春日さんの彼女なのですが、春日さんは若林さんにどんなに詰められても頑なに「狙ってる女」と言います(笑)

若林さん曰く、春日さんが付き合っていると言わないのはおそらくまだ2.3人抱きたいからとのこと(笑)

※2019年7月18日改稿。現在は狙ってる女ではなく、奥さんになりました。

 

自分磨き

 

自涜・オ〇ニー・手淫のことをオードリーのオールナイトニッポンでは自分磨きと言います。

 

エロパソヨガ

 

春日さんが生きがいとしているエロサイトのネットサーフィン(エロパソ健康法)です。

毎日3時間は軽くエロパソヨガしているそうで、これをしないと調子が狂うそうです。

エロパソヨガを国に止められたら春日さんは亡命するそうです。

※2019年7月18日改稿。春日さんはエロパソヨガという呼び方よりも、EPCという呼び方を気に入っています。

ちなみに最近は昔ほどのEPCへの情熱がなくなってきたようですが、しないわけではないそうです。

今は家族と住んでいるという制約のなかでEPCをするので、1回1回が大事なのだそうです。

 

パワーセッ〇ス

 

パワーセッ〇ス。略してパワセ

2020年3月28日のカスミンのフリートークの際に若ちゃんがパワーセッ〇スをいじってから、

その後4月4日もオウムに言わせていた用語です。

しかし聞いたことあるなぁと思っていて調べたら、

初出しは、2011年4月23日だったようです。

ちなみにパワーセッ〇スの対義語はテクニカルセッ〇スです。

 

父親をいじる

 

若林さんは春日さんの父親であるノリアキさんをいじるのが大好きなのです。

だいたい春日さんは「父親のことをいうなよぉー!」と返してくれます。

 

メガネのツル

 

若ちゃんの中学生時代の友達である伊藤から、メガネのフレームの耳にかける部分(ツル)をア〇ルに入れて自分磨きすると気持ちいいと聞き、実践した話。

オードリーのメガネのツルといえばこの話。

何度も繰り返し話される古典落語となった。

 

春日が電車で告白された話

 

学生時代にカスミンが電車の中で他校の女子生徒に告白(ナンパ)されたという話。

若ちゃんはカスミンがナンパされたのが、2回なのか3回なのかでめちゃくちゃこだわり何度も同じことを聞いている。

 

 

ラジオに名前がよく出てくる人たち オードリー関係者

 

この項目ではオードリーANNで良く名前が挙がる人を紹介します。

名前はオードリーが呼ぶ呼び方で書いているので、敬称略が多いです。

 

岡田(岡田マネージャー)

 

オードリーのマネージャー。

まいっちゃうよねーと若林さんが言うと、だいたいマネージャーの岡田さんの話です。

お弁当を取っておいてほしかった若林さんからネギトロ(丼)だけ取ってて、と言われたら、

文字通りご飯を抜いてネギトロだけ用意しているような人なので、

言われたことを忠実にこなそうとするようですが、

炭酸を飲んだ後の「あぁぁぁ…!」がうるさいようです。

 

頑なに負けを認めなかったり、いじられてる内容を認めないことでも有名です。

頑なにあんパンを買ってきてくれないヤバイ人です。

 

ゴンちゃん(よしとめ あきひろ)

 

ビッグスモールンの大きい方の青。

年齢も芸歴も若林さんより上なのですが、後輩として扱われています。

よく空気が読めない発言をし、若林さんをイラつかせています。

元々ケーダッシュステージ所属でしたが、

現在はグループごと独立しています。

 

さとみつ(さとう みつはる)

 

どきどきキャンプの佐藤満春さん。

以前はオードリーのネタを考えたりしていたようです。

放送作家でもありお笑い芸人さんでもあります。

「日向坂で会いましょう」ではメンバーの頑張りに泣いてしまうことが多く、

6歳の息子がいるから……」は僕の大好きなセリフです(笑)

以前は「俺はオルタナしか聴かない」と言っていましたが、

今では完全に公式おひさまです。

【松田この】の師匠ですが恐らく推しは【ひなの】です。

 

岸くん(キシ マナブ)

 

どきどきキャンプの岸学さん。

若手の頃ステージ本番直前までゲームをして余裕をかますという「緊張してないふり」を良くしていて、

それを若林さんにラジオでいじられたことから、数年の後に「死んでもやめんじゃねえぞ」のコーナーで

めちゃくちゃいじられることとなった。

ちなみにオードリーMCの日向坂46の番組のヒット祈願企画では相方のサトミツさんとセットで呼ばれていたが、

サトミツさんの日向坂46に対する熱が凄すぎて岸さんはあまり呼ばれなくなった。

 

ルシファー(ルシファー吉岡)

 

しばしばラジオで話題になることが多いピン芸人さんです。

実力があるのにずっとR-1で優勝できないことを頻繁にオードリーの2人にいじられています。

ラジオ中突然電話を掛けられることが多く、深夜アルバイトの休憩時間に電話にでることが多いです。

下ネタコントが素敵でとても面白いです。

 

パラちゃん(中川パラダイス)

 

ウーマンラッシュアワーの中川パラダイスさんです。

強烈な自分の中の正義があり、自分の思ったことに突き進む性格です。

かつてはバイキングの西村さんと同じく春日さんの数少ない友人でしたが、

「あんなこと」があったために、現在春日さんとはほぼ絶縁状態。

諸悪の根源です。

 

ツチヤ(ツチヤタカユキ)

 

若林さんに才能を認められ、かつてラジオの放送作家をされていた伝説のハガキ職人です。

大喜利のために命を捧げている狂人です。

彼の著書「笑いのカイブツ」はかなーり衝撃的でした。

 

谷口(たにぐち だいすけ)

 

オードリーの学生時代からの幼馴染です。

もしかするとオードリーのひとりだったかもしれないというほどの親友だそうです。

ラジオにも度々話題にされ「今年が勝負の年だからさ」が口癖のようです。

昔若林さんのネックレスを壊して自首しなかったことを未だにその当時のテンションで切れられています。

 

山ちゃん(やまさと りょうた)

 

南海キャンディーズの山ちゃんです。

若林さんとは「たりないふたり」という名前でコンビを組んでいたこともあります。

変態ブナシメジです。

若林さんのことは踏み台と思っているそうです。

2019年末には『さよならたりないふたり』のライブがありましたね。

僕はHuluで全編観ましたが最高でした。

 

汚えヘリコプターだな!

 

Creepy Nuts

 

R-指定さんとDJ松永さんからなる音楽ユニットです。

山ちゃんと若林さんのコンビ「たりないふたり」が好きすぎて

アルバムのタイトルにしたところから4人の交流が始まったそうです。

Creepy Nutsとしてもラジオ番組を持っていて面白いです。

二人の前ではやまちゃんは兄貴ぶるようです。

 

ちなみにCreepy Nutsさんはオードリーのオールナイトニッポン武道館ライブのテーマソングを歌っています。

テーマソングである【よふかしのうた】のMVは春日さんが住んでいたむつみ荘で撮影しており、

オードリーANNの様々なネタが散りばめられていてリトルトゥース的に最高だったので、

こちらに元ネタをまとめました。

Creepy Nutsの「よふかしのうた」のMVがリトルトゥース的に最高だったので元ネタを挙げてみた

 

ばーひで(バーモント秀樹)

 

通称「ばーひで」と呼ばれるお笑い喫茶「キサラ」時代から交流のある芸人さんです。

同じネタを一言一句変えずに長年し続けることからカセットテープ芸人と呼ばれています。

深夜に電話しても100%の確率で「ダイドカンアーイ!」と返してくれます。

 

ビトタケシ

 

ビートたけしさんの物まね芸人さんです。

芸人をやめようと悩んでいた若林さんにたけしさんの物まねをしながら

「死んでもやめんじゃねえぞ!」と言い、若林さんは芸人を続けることを決意したそうです。

「死んでもやめんじゃねえぞ!」は後にラジオの人気コーナーとなりました。

 

西加奈子さん

 

若林さんと親交のある人気小説家さん。

若林くん童貞やんなぁ?の一言は若林さんに非常に衝撃を与えたそうです。

ちなみに西さんが指摘した若林さんの童貞性というのは、文字通りの意味ではなく、

「すべてのことに対して初めての感覚を持てるピュアさ」のことです。

 

西さんは、そういう若林さんのある種不器用な部分を受け入れてくれた、数少ない女性だそうです。

つまりは菩薩です。

互いにプロレスが好きというのも親交を深めたきっかけのようです。

 

よしき(宗岡 芳樹:むねおか よしき)

 

2016年までオードリーANNのチーフディレクターをしていた。

オードリーたちを美味いピザ屋に連れていこうとしたがすでに閉店して原っぱになっていたことでめちゃくちゃヘコみ、それをよくいじられている。

俗にいうピザ屋事件である。

 

93番

 

春日さんの奥さんです。

上にも書きましたが、元々春日さんの【狙ってる女の話】で春日さんが狙ってる女として出てきていた女性で、

タレントのイマルさんをさらに小さくしたような感じということで【コマルちゃん】と呼ばれていました。

 

名前は「くみ」さんなので若林さんから93番と呼ばれています。

夫の春日さんよりしゃべりが上手いです。

春日さんの「あんなこと」があった後、オードリーが終わらなかったのは

クミさんのおかげです。

背中の肉がラフテーのように厚く、非常に気立ての良い女性です。

 

若林さんはクミさんのことを「キュージューサンバン!!」とまるで受刑者のように呼ぶのが好きです。

 

茶茶(チャチャ)

 

茶茶は春日さんが飼っているチワワ犬。

元々は妻であるクミさんの犬。

クミさんは茶茶のLINEスタンプを作っており、小金を稼いでいると若林さんからいじられている。

日向坂46のメンバーも購入し使用しているとのこと。

 

ちなみに春日さんの実家では過去にチャーリーとバロンという犬を飼っており、

春日さんのお母さんは沖縄での家族旅行に死んだチャーリーとバロンの遺骨を持ってきていて、

ペットの遺骨に話しかけているお母さんを見て春日さんは驚いたという。

 

ニョボ林

 

若林さんの奥さんのことです。

若林さんはフルポンの亘 健太郎さんが自分の奥さんのことを「女房」と呼ぶことを

いいなぁーと思っており、自分も何らかの特殊な呼び方で呼びたいと思っていたところ、

女房→ニョボ林→ニョボバなどと変遷し、

結局はニョボ林を多用するようになりました。

プライベートでの若林さんの意味不明な言動に対して引かずに笑ってくれたことから、

若林さんはニョボ林さんに対して心を開いていったそうです。

 

スタッフ(チーム付け焼き刃)

 

チーム付け焼刃とはラジオスタッフのことです。

ラジオコーナーをリスナー任せにすることから若林さんから命名されました。

 

好きなコーナー(終了したものも含めて)

 

ここからは好きだったコーナーなど紹介します。

 

夢ちゃん日記

 

当時若林さんが好きだったキャバクラ嬢の夢ちゃんの日記という設定でリスナーに募集し、

アルバイトのミホちゃんに読ませるというものでしたが、

途中からだんだんとミホちゃんに面白いことや下ネタを言わせるだけのコーナーに変貌しました。

 

みんな、やってんな!

 

芸能人の「やり」(自己演出)を告発するコーナーです。

 

死んでもやめんじゃねえぞ!

 

先に書いたビトタケシさんのエピソードを元に春日さん発信で始まったコーナーです。

「おい〇〇!〇〇〇すること死んでもやめんじゃねえぞ!」

という型の〇〇に当てはまるネタをリスナーから募集するコーナーです。

はじめのころは普通のネタもありましたが、

だんだんと下ネタだけになり、いまでは完全に下ネタだけと化しています。

 

チン!のコーナー

 

チン!のコーナーとはニチレイの冷凍食品をレンジに入れてチンされるまでの時間、

オードリーが聞きたいことをリスナーから教えてもらおうという趣旨で始まったコーナーなのですが、、、

元々平和的な趣旨でもリスナーの悪ノリでどんどん方向性が変わっていくのが芸人深夜ラジオの面白いところです(笑)

夢ちゃん日記の頃から全然変わってない(笑)

 

なかでも面白かったのは人間になった春日さんがオドぜひアシスタントの磯貝アナに送るLINEというテイで募集されたネタなんですが、

内容が絶妙に気持ち悪くてめちゃくちゃ面白かったです。

 

好きなフリートーク

 

好きなフリートークを挙げればきりがないのですが、

厳選して好きなトークを挙げてみました。

 

若林さんの旅の話

 

モンゴル・キューバ・アイスランドなどを一人旅されている若林さんですが、

僕が一番好きなのはモンゴルの話です。

この回のふたりの掛け合いは神です。

若林さんのキューバの話は本で詳しく書かれています↓

 

ボキロビ

 

春日さんがエアロビの大会で勃〇していたといじるくだりがたまりません。

 

日向坂で会いましょう(ひらがな推し)の話

 

最近は日向坂46との番組「日向坂で会いましょう」のMCをされているので、

日向坂46経由でオードリーファン(リトルトゥース)になった方も多いんじゃないでしょうか。

ちなみに僕はオードリーを経由して日向坂46も好きになったパターンです。

 

ちなみに日向坂46のファンのことを「おひさま」というようです。

アイドルには全く興味がなかったのですが、毎週楽しみに観ています。

 

最近はコンビでMCをされている日向坂46の番組での裏話などを語ることが多いのですが、

その中でも妄想シチュエーションの回での「ニブダヨ」は伝説です。

 

春日顔出しのまま寝る事件

 

深夜お酒を飲んで帰宅した春日さんですが、

向かいのアパートから春日さんのことをニヤニヤみているカップルがいました。

春日さんはそのカップルのことを家の窓からずっと睨んでいたようなのですが、

窓に顔を挟んだまま寝てしまい大家さんに起こされるという話です。

若林さんが一番好きな春日さんのエピソードだそうです。

 

日本放送での自分磨きバレる事件

 

ボディビルの大会に出るために下の毛を全ぞりした春日さんですが、

下の毛の伸び具合の経過観察をするくだりになったのですが、

パンツを脱ぐと予想外の事態が発生しました。

9階のトイレでしょう!

は名言中の名言です

 

ふっくんじゃねーか!

 

若林さんが通販で買ったアロハシャツがジージャンみたいにガッチガチだったことにブチギレていた回ですが、カスミンのツッコミがさえにさえている神回でした。

 

 

面白かったゲスト回

 

ゲスト回も神回ばかりなので紹介します。

 

松本明子さん

 

ヒルナンデス!のドケチ隊で共演されている松本明子さん。

一度業界を干された時のエピソードや電波少年でのエピソード、

ストーカー事件や堀越学園の寮での話などすべてが濃い話ばかりで全て面白かったです(笑)

 

イジリー岡田さん

 

女性タレントの楽屋イジリなどで有名なイジリー岡田さんですが、

実は下ネタが嫌いで寡黙な方みたいです。

イジリーさんがどうやって売れてきたのかをオードリーのふたりがインタビューするような回だったのですが、

とても聞きごたえがあって面白い回でした。

 

ゴンゴール氏原さん

 

同じ事務所の後輩芸人さんをゲストとして招いた神回です。

芸人でもありラッパーである氏原さんの協力のもと、若林さんは春日さんにディスラップを仕掛けます。

そしてオードリーふたりのディスラップバトルとして発展し、最後は意外な結末を迎えます(笑)

 

市ノ瀬瞳さん

 

中京テレビのレギュラー番組「おどぜひ」のアシスタントをしていた市ノ瀬アナのゲスト回

かなり変わった人で若林さんは芸能界で一番市ノ瀬さんが嫌いみたいです(笑)

市ノ瀬アナのことがいかに嫌いかを言葉の贅を尽くしてかたる若林さんと微妙な立ち位置の春日さん(笑)

3人の空気感がたまらない最高の回です(笑)

 

千鳥ノブさん

 

「圧巻のオープニングトークじゃあ!」「白髪ヒゲ帯ラジオ」など名言連発でした。

流石売れている芸人さんは面白いですね。

 

菊地亜美さん

 

結婚する前の菊池さんは一時期、春日さんのことが好きだったようです(笑)

私とやりたくないの!?」は最高の迷言(!?)でしたね。

売れているアイドルだけあって、神回でした。

 

ビビる大木さん

 

オードリーのふたりのことを何かと気にかけているビビる大木さん(笑)

気にかけているというよりも、確実にいじっています(笑)

頻繁にふたりに握手をさせようとするし、変な呼び方をします(笑)

こんな先輩いたらめんどくさいだろうなぁという感じですが、

部外者としてラジオで聞いている分には面白かったです(笑)

 

Creepy Nutsさん

 

DJ松永さんの暴走っぷりが楽しかったです(笑)

さよならたりないふたり、のために書き上げた『たりないふたり さよならver』も最高でした。

他には松永さんに電話する回も好きです。

Creepy NutsさんたちはオードリーANN10周年全国ツアーのテーマソングとして

「よふかしのうた」も作りました。

PVはむつみ荘で撮影されており様々なANNネタがちりばめられています。

上でも紹介しましたが、こちらの記事でも解説しましたので読んでみてください。

 

あばれる君

 

あばれる君はなんと2020年7月10月に2回来るんですが、どちらも神回です(笑)

特に2回目のあばれる君が無人島ロケでトカゲ食った話の空気がヤバいです(笑)

若干、三四郎のラジオでのなかやまきんに君と同じ匂いがします。

どちらも好きです。

 

 

リトルトゥースになろう

 

いかがだったでしょうか?

今回書いたことはまだオードリーのオールナイトニッポンの氷山の一角でしかありません。

この後は実際に聴いてみてください。

まだまだ面白いエピソード・神回はいっぱいあります。

必ず楽しめると思いますよ。

 

ちなみにオードリーのレギュラー番組のなかでも【オドぜひ】はラジオの2人に近くて面白いです。

Huluだと【オドぜひ】以外にも南キャン山ちゃんとの伝説ユニットである【たりないふたり】の過去ライブも視聴可能ですので非常におすすめです。

僕はたりないふたりを見ただけでもHuluに登録した甲斐がありました。

 

日本武道館ライブのDVDはこちら↓

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

HIRO

楽活ブログ運営者のひろです | 接客業からWebマーケターへ希望の職種にキャリアチェンジしたにも関わらず、適応障害になり退職。その経験から【長期的に楽に楽しく生きるための情報発信】をしています。ジャンルは【転職・副業・恋愛・結婚・フィットネス・趣味】などなど、生きやすくなるためのヒントならなんでも書いてます!。 | 中身は33歳、妻子持ちのおっさんです プロフィール詳細

-コメディ
-, ,

Copyright© 楽活ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.