健康

電源不要のシャワートイレを設置しました。設置方法を紹介します

カエル トイレ 

(2019年5月4日初稿)
(2020年4月26日改稿)

皆さんの家にはシャワートイレがありますか?

僕の家にはあります。

というか元々なかったので、自分で取り付けました

 

多くの方がそうだと思いますが、

僕はシャワートイレがないと生きていけない体です

 

賃貸を選ぶ際に、シャワートイレがついてるかどうかは大きなポイントですよね。

でも、いい物件なのにシャワートイレがないのがネックという場合もありますよね。

そういうときはこう思いましょう。

 

なければ付ければいいじゃない

 

トイレ内に電源プラグがあれば電動式をつけることができますし、

電源プラグがなくても(温水はでませんが)電源不要の水圧式をつければOKです。

 

スポンサーリンク

電源不要シャワートイレの取り付け

取り付け方を解説していきます。

ビフォーアフター

 

もともとはこういう感じでした。

どこにでもある普通のトイレですね。

シャワートイレではありませんので、水が噴出するノズル部分はありません。

それが

こうなるまでを解説します。

 

便座の着脱

便座の下にシャワートイレの部品を取り付けなくてはいけないので、

まずはもともとついている便座を一時的に取り外さなくてはいけません

 

ほとんどのトイレもそうですが、このトイレも元々は取り付けパーツに便座を噛ませている構造です。

この写真はすでに取り付けパーツから便座を取り外した写真ですが、取り外し方はとても簡単です。

 

これが便座を取り外した、便座の取り付けパーツです。

このグレーのパーツ部分を指で押すととても簡単に便座の着脱ができます。

それから便座の取り付けパーツがついていた部分にシャワートイレと

その上に便座の取り付けパーツをネジでとめます。

そしてこの便座取り付けパーツの上から再び便座を接着すればいいのですが、

シャワートイレと便座取り付けパーツを一緒にとめるネジが短かったので、

もっと長いネジを買ってこないといけません。

なのでいまはグラグラしたまま便座に座ってます。

まぁ一応使えるので、問題はそれだけですね。

 

シャワートイレ部分の取り付け

まずはタンクと水道管をつなぐパーツを外すところからなんですが、

写真を撮り忘れてしまいました。

もともとはこういう短い管がついていました。

こういったモンキーレンチがあればパイプを取り外すことができます。

水道管からタンクまでの距離や形状はトイレによって違うかもしれませんが、

構造は大体どこも同じなので、参考になると思います。

モンキーレンチでタンクと水道管をつなぐパイプを取り外す前に、水道部分から水がでないようにします

そうしないとモンキーレンチでパイプの接合部分を緩めた際に、

水が飛び出て大変なことになってしまいます。

この右の切れ目の部分を10円玉で回して水がでないように締めます

こんな感じです。

タンクのレバーを回して水が流れなくなればOKです。

シャワートイレ用のパイプをとりつけてしまったあとの写真ですが、

水道管とタンクの接合部分の着脱はこういったモンキーレンチを使って行うと簡単にできます。

タンクの部分と

水道管の部分を取り外します。

シャワートイレ用のパイプを取り付けた後はこんな感じなんですが、

うちのトイレは水道管とタンクまでの距離があまりにも短いために、

パイプがぐるっと曲がってしまったし、タンクへ接合する部分が斜めになってしまいました。

でもこれでも何も問題なく普通に使えています。

パイプと一緒に商品に付属しているこの白いチューブはシャワートイレに水を送るチューブです。

つまりこのシャワートイレは水道管とタンクの間に、シャワートイレ用のチューブを取り付けるものなんですね。

このパイプが、

(とりつけちゃったあとの写真ですが)

このシャワートイレ用パーツの裏の

ここにつきます。

COLD HOT

と書かれていますので、温水が出る場合は温水の方にもつけたらいいですし

うちの場合は冷水しかでないのでCOLDの方につけています。

これでこのノズル部分からは水が出るようになります。

水を出すためには

この3つあるつまみの真ん中を回すと水が出てきます。

つまみを回すと水が噴き出してしまうので、この写真では手を使ってノズル部分を引き出しています。

水が出るときは水圧でこのノズルが下に降りてきます。

とりあえずこれでシャワートイレの設置ができましたね。

 

スポンサーリンク

最後に

近頃いい物件を探したのですが、シャワートイレがついていなかったので、自分で取り付けました。

いまは安価でもいい電源不要シャワートイレがあるので、

シャワートイレがない物件に引っ越しても何も問題ありませんでした

 

いい物件なのにシャワートイレがないことだけがネックだなぁ、

と思っている方は、シャワートイレを取り付けてみてはいかがでしょうか。

 

同じような条件の物件なのに、シャワートイレの有無で家賃が月々1000円以上かわるのであれば、

シャワートイレを自分でつけた方が、長い目で見れば断然安く済みます

 

電源不要であれば、5000円から15000円くらいで購入で

電動のものでも15000円くらいから30000円くらいで購入できます

 

このシャワートイレで僕のおしりは救われました。

 

おしりが救われたということは僕の人生が救われたということです。

大げさでもなんでもなく、このシャワートイレは僕の命の恩人です。

 

このシャワートイレの素晴らしさを皆さんにも感じてほしい。

だから僕は今日この記事を書きました。

僕と同じようにシャワートイレが必要な方に、僕が購入したシャワートイレを紹介しておきます。

 

あなたにも素晴らしいシャワートイレライフが訪れますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

HIRO

HIRO-BLOG運営者のヒロです | 元接客業なのに30代からブログを始めてWebマーケターに転職し、今では会社のマーケティング責任者で、採用にも関わっています。個人でブログも運営しています |「マーケティング×副業×転職×スキルアップ」などQOLを上げるための情報を発信中 | 中身は32歳妻子持ちのおっさんです | 【経歴】ブラック土木設計技師➡夜勤ホテルマン➡Webマーケター | 筋トレや熱帯魚が好き | プロフィール詳細

-健康
-,

Copyright© HIRO-BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.