アクアリウム

水槽の中で飼われている生き物は幸福か

魚 写真1

世間一般的には、水槽や籠のなかで飼われている生き物のことを不自由でかわいそうと思う人はいるでしょう。

この水槽や籠のことを今は囲いと呼ぶことにします。水槽・鳥かご・虫かごなどですね。

囲いのなかは自由度が低く、それゆえにその中で生きているものは不幸なのでしょうか。

逆に、自由である・どこにでも行けるというのはそれほど重要(幸福)なのでしょうか。 囲いのなかは、自由度は低いですが外敵は皆無で安全性は高いと思われます。

逆に自然界は自由度が高いかわりに安全性は低いですね。いつでも外敵が周りにいる状態で、原始時代の暮らしと同じです。

ではここで、自由度と安全度という軸を基準に、考えていきたいと思います。

4つのケースが生まれます。

・自由度が高く、安全性も高い
・自由度が高く、安全性は低い
・自由度は低いが、安全性が高い
・自由度が低く、安全性も低い

これら4つの環境に分けられます。 ひとつひとつ分析していきましょう。

まず1つ目

スポンサーリンク

・自由度が高く、安全性も高い

どういった環境でしょうか。 これは4つの環境の中でも最高の環境だと思います。

しかしこんな環境はほとんど自然界にはありません。

いわゆる理想郷というものでしょう。

動物は他の動物のエサとなるので、動物の数が多いほど理想郷とは遠く離れていきます。 自然の驚異も少なく、敵もいなくて自由という条件は、その生き物が強い時にのみ発生する条件でしょう。

同じ環境でも、ウサギにとっては安全性の面で厳しく、ライオンにとっては敵がいないため安全性が高いということです。

人間でいえば、大きな不労所得がある人のことですね。

長い時間労働しなくても毎月安定的な収入がある人のことです。

では2つ目

スポンサーリンク

・自由度が高く、安全性は低い

普通の自然環境です。

弱肉強食の世界ですね。 いつも危険と隣り合わせです。

自由度は高いですが、そもそも長距離移動する動物でない限り行動範囲は広くなりませんし、縄張りを作って同じような場所で暮らす動物もいます。

自由でいつでもどこにでも行けるというのは動物にとっては重要ではなくて、重要なのはいつでもちゃんと食べられ、安全な環境のなか過ごし、成長し繁殖できることです。

人間でいえば、一般的には個人経営の場合でしょうが。

でもこの場合は、結局労働しなければならないため、結局は自由度が高いというわけではないかもしれません。

3つ目は

スポンサーリンク

・自由度は低いが、安全性が高い

これは管理者がしっかりしていて、食事も繁殖もできる状態です。 外敵や環境による危険性が少ない状況ですね。 良く管理され国民の幸福度が高い国と同じ状態です。

人間でいえば、公務員として働いている人の場合でしょうか。 国からの支援を受けて生活している人もこれに含まれると思います。

最後に

スポンサーリンク

・自由度が低く、安全性も低い

これが3番目と違うのは、管理者が酷いということですね。

つまり管理者が悪辣な独裁国家と同じです。

人間でいえば、働いていない状態の人とブラック企業に勤めている人でしょうか。

働いていなくて収入がなければ、行動範囲は狭くなります。ブラック企業であれば金銭的にも時間的にも満足いかないでしょう。

 

スポンサーリンク

これらをもとにわかること

ここからわかることは、自由とは必ずしも幸福とは限らないばかりか、弱肉強食のため「万人の万人に対する闘争」が起きる可能性があり危険ということです。

僕は自由が良いかと聞かれれば、答えはNOです。

法も秩序もなければ、大きな争いが絶えない環境では、長生きはできないでしょう。

それよりも大事なのは、安全性です。

自由か不自由かの問いにはあまり意味はありません。

実際に、適切な環境で飼育されている個体と自然界に生きる個体では、全く同じ種でも飼育下の個体のほうが倍くらい長く生きます。

例えばワニであれば、飼育下では70年ほどで、自然界では30年くらいです。

動物はしゃべることはできないので、その動物に幸福か聞くことはできません。

ですが、その動物の体格や健康状態や肌艶、動きなどで判断できると思います。 犬や猫などの高等動物なら、その振る舞い等で十分判断できるでしょう。

なので、もし自分のペットが幸福なのか不安になったときは、その子を良く観察してみましょう。

体格がしっかりしていて肌艶が良く、動きも元気であれば、その子は幸福だと思います。

 

それでは拙い悪文ではありましたが、楽しんでいただけたでしょうか。

今回はこの辺でおいとまします。

みなさん、さよなら、さよなら、さよなら。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

HIRO

HIRO-BLOG運営者のヒロです | Webマーケティング社員&ブロガー | 「スキルアップ×副業×転職術」などQOLを上げるためのtweet&ブログを更新中 | 【経歴】ブラック土木設計技師➡夜勤ホテルマン➡Webマーケター | 筋トレや熱帯魚が好き | プロフィール詳細

-アクアリウム
-,

Copyright© HIRO-BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.