音楽

日向坂46のセカンドシングル「ドレミソラシド」はなぜファがないの?意味を考える

(2020年3月14日初稿)

 

みなさんこんにちは。

現在、日向坂46は4thシングルの『ソンナコトナイヨ』を発売中でございますが、

今回はセカンドシングルの『ドレミソラシド』のファがない事について今更ながらモヤモヤが溜まってきていたので

考察として記事にしてみようと思った次第です。

ちょっとした暇つぶし程度に読んでください。

 

スポンサーリンク

そもそもドレミソラシドってどんな事を歌っている曲?

作詞を手掛けた秋元康さんは、曲作りに関して「歌詞にほぼ意味はない」とインタビューにて答えていたことがあるようですね。

その発言の真偽は不明ですが、歌詞は言語なので何の意味もないというのはなく、設定や物語はあるので

勝手に考察させていただこうと思っている所存です。

 

端的にこの曲が言っていることをまとめると

【女友達と思っていたけど女として見始めちゃった!我的勃起不可避!】

です。

ちなみにキュンは

【電車の中で毎日見かける女学生かわいい!心拍上昇!我的勃起不可避!】

だし

こん好きはそのまま

【こんなに好きになっちゃっていいの?】

だし、

ソンナコトナイヨは

【前髪ぱっつん恥ずかしがる君に萌えー!】

です。

歌詞のメッセージや物語は簡単なことを歌っているわけですが、歌詞にするとわかりにくくなる。

でもそれは全く悪いことではなくて、わかりにくいことによって考えを巡らせることができるし、

意味が多数解釈できると物語や表現に幅や奥行きを作ることができます。

歌詞・言葉の表現、文学ってそういうものですよね。

もともと曖昧なものです。

作者の考えや気持ちを正確に理解するなんて無理で、自分で解釈して自分が理解している歌詞の世界を作っていくしかないし、

それだからこそ楽しいんです。

 

話をドレミソラシドに戻すと、

ドレミソラシドは自分の恋心に自覚して驚くけど、少し戸惑って、受け入れて、恋にハマろうとしている人(年齢不詳)の心情を表現しています。

その恋に段階的にハマっていく心の動きをドレミの音階で表しています。

ドレミ、ドレミ、という歌詞は、段階的に上がっていく恋心やテンションを伝えているんですね。

学生の頃とかありますよね、女友達だと思っていたのに好きだと自覚した瞬間、

そういう時の気持ちを歌っている曲なんだと思います。

 

ドレミは恋の始まりであり、『あれ、この子ええな』と思っているんです。

つまりキュンとしているわけです。

こう考えるとドレミソラシドのドレミ♪ドレミ♪とキュンのキュンキュンキュンキュン♪は同じ意味ですね。

ただ違うのは、ドレミソラシドの主人公と恋の対象は明らかに知人ですが、

キュンの人はたぶん対象の子としゃべったことすらないし、年齢も不詳なんですよね。

SundayからSaturdayまで同じ電車に乗っていたり思い続けてきているだけの人なんですよね。

同じ学校の男子と女子の話かなと最初は思いましたが、キュンの主人公はただ対象の恋する人と

ほぼ毎日同じ電車に乗って見ているだけの誰かなんですよ。

かわいい女の子たちが女学生の格好をして歌っているから可愛い男子中高生くらいの子の恋を連想しますが、

この主人公の立場は不明なので、もしかしたら女学生をじろじろ眺めているだけのおじさんかもしれません(笑)

それはそれで面白くて好きです(笑)

 

 

スポンサーリンク

ドレミソラシドはなんでファがない?

さあ話が大きくそれてきてますが、ここからは本題のドレミソラシドのファがない理由について考えていきたいと思います。

僕が思うに大きく2つの理由があるので、それぞれ解説していきたいと思います。

 

ファがないのは横断歩道を鍵盤に例えているから

これは僕の考えというよりも色んな人にすでに言われていることですが、僕もこれが一つの正解だと思うので、

同意の意味も込めて書いています。

 

横断歩道 渡ってる時

君からドレミが聴こえて来たんだ

 

横断歩道の白黒を鍵盤の白鍵と黒鍵に例えたとき、横断歩道の白と黒は交互に配置されていますから、

横断歩道を鍵盤に例えるとファがないわけですね。

ファがないということで、心の壁をひとつすっ飛ばして恋にハマっていく様子を表現していると思われます。

じゃないとわざわざ歌詞の中に横断歩道を出してこないと思います。

ただ女友達を女として自覚するのであれば、

キュンみたいにヘアゴムで髪をポニーテールにした瞬間でもいいですしね。

なので横断歩道と音階についての関係を秋元さんは気づかないうちに我々の胸に刺さるように

歌詞に混ぜ込んだのではないでしょうか。

 

ファはフレンドのFだから

これは僕個人の意見なんですが、僕としてはこの説が一番しっくり来てます。

英語の音階ではドレミファソラシドはCDEFGABCです。

ファの英語での音階はもちろんFです。

このドレミソラシドにはFから始まる言葉が出てきます。

それは友達(フレンド)です。

ドレミソラシドの歌詞には同じメッセージがいくつか散見されます。

 

友達だって 油断してた

なぜだろう 今までと違う感情だった

 

こんな好きになると思っていなかった

 

まさか 一番 ありえないと思ってた君に恋するなんて

 

だってそんなことは想像できなくて
出会ったばかりの僕たちに戻るのか?

 

昔の二人には戻れないと思う

 

これらのフレーズからわかるように、

以前は友達だったけど、もう友達じゃないという意味の言葉が何度も出てきます。

ファはフレンド(友達)やフレンドシップ(友情)のFです。

 

ドレミのファをすっとばして来るんだ

ドレミのファを友達と置き換えると、

ドレミという最初の浅い関係から、ファの友達の段階をすっとばしてソラシドと恋のテンションが上がっていく様子に納得がいきます。

その説を前提とすると、歌詞の最後の

 

ドレミ ドレミ ソラシ ファがない

も意味が分かります。

もうただの友達じゃないという意味なんですね。

 

しかしファがフレンドのF説でいくと

 

それは理屈じゃなくて
(スキップしてる)
本能なんだ
ドレミのファー!

のファー!の部分は

ドレミのソー!じゃないとおかしなことになるんですが、そこはまぁ一筋縄ではいかぬ面白い所ということで(笑)

 

スポンサーリンク

考察は楽しい(新曲の話もちょっと)

色々考えましたけど、考えれば考えるほど謎というか、面白いですね。

たぶん正解なんてないのかもしれませんが、そうやって思考を巡らせてあーだこーだ言うのが、

芸術やエンタメを広めるために大事なんだと思います。

ちなみに現在発売中の4thシングルの話をすると、

キュンとドレミソラシドでは毎日眺めているだけだったり恋心に気づいただけなのに、

ソンナコトナイヨではたぶんこれ付き合ってますね。

もし付き合ってなくてもかなり親密ですね。

なぜなら、髪型について『子供っぽいよねとママにも言われた』と会話してるわけですから。

家庭内での嫌だった話をするのはかなり打ち解けている間柄の証拠です。

ただのクラスメイトの男の子にはそんなことあまり言わないでしょう。

付き合っているカップルとしてはかなり自然な会話です。

ママに子供っぽいって言われたー!けどあなたは可愛いって言って!という

遠回しに可愛いといって欲しい女の子の心情です。

それに対して主人公の男の子は

ソンナコトナイヨ 僕はそう思わない
どんな君だってときめいてしまうよ
ソンナコトナイヨ ハグしたくなるほど
クラスで一番 君が可愛いよ

とくるわけですね。

こいつはモテますわ。

電車の中で女学生視姦してただけのキュンのあいつとは大違いですわ。

たぶんソンナコトナイヨとドレミソラシドの主人公は別人だと思いますが、

もしドレミソラシドとソンナコトナイヨの主人公が同一人物だとしたら、ドレミソラシドで自分の恋心に動揺してドギマギしてた包茎童貞チン〇ス野郎からだいぶ成長してますわ。

順調に進めば、心理的成長具合からして、たぶんあと5曲くらい出したら

深く激しく色濃い愛の曲がリリースされるんじゃないかと思います(笑)

たぶんこんな感じの

 

まぁ、冗談なんですけれどもね(笑)

ミッフィーちゃーん!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

HIRO

HIRO-BLOG運営者のヒロです | Webマーケティング社員&ブロガー | 「スキルアップ×副業×転職術」などQOLを上げるためのtweet&ブログを更新中 | 【経歴】ブラック土木設計技師➡夜勤ホテルマン➡Webマーケター | 筋トレや熱帯魚が好き | プロフィール詳細

-音楽

Copyright© HIRO-BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.