ブログ運営

僕のブログの書き方を細かく解説するよ【設計図作りと書く手順】

最近ブログを始めたけど記事の書き方のフォーマットみたいなものがあればいいな。
初心者から脱出したブロガーが使っている記事の型や手順などがあれば知りたいな。

 

↑今回はこういった初心者から抜け出したい方向けの記事です。

 

↓こちら僕のプロフィールです(2020年7月現在)

・ブログ運営歴1年半

・月間PVは2.5万~5万

・月間収益1万円

 

いわば一般的に言うブロガーレベル的には中の下から中の中くらいです。

まだまだザコではありますが、初心者を抜け出したくらいではあると思うので、

この記事はブログの書き方がわからない初心者の方には有用な生の声になるんじゃないかと思います。

 

9000字くらいのちょっと長めの記事ですが、ブログの書き方を一通知っておきたいという方には有用な記事なんじゃないかと思います。

 

↓僕のブログ運営の開始から今(2020年7月)までの流れ

・完全初心者でブログを1年半ほど前(2019年1月)にWordPressで開設。

・ブログ開始後、半年ほど自己流で自己満記事を量産。

・しかし全く伸びず3か月ほど放置。

・まぐれでエンタメ系の記事が伸びて再びやる気が出て再開。

・2020年4月頃から少しづつ収益記事を書き始める。

・アフィリエイトASPの担当者様から直接ご依頼のメールが来て真剣にアフィリエイトに取り組み始め当月初収益発生。

・しかし2020年5月のGoogleコアアップデートでPVと収益が30%ほどダウン

真剣にSEOやライティングを学び始め、収益記事が上位表示され始める

 

こんな感じで数か月前までは自己流で自己満記事を書いていましたが、

ブログのことを学んでいるうちに書き方の型みたいなものができてきました。

 

ただの日記とかなら型なんてどうでも良いんですが、人に読んでもらうための記事ならある程度【書く内容】【流れ】を整理したほうが良いので。

ブログの型は【自分が書きやすくなる】ためにも必要ですし、【読者が読みやすくなる】ためにも必要です。

 

 

スポンサーリンク

ブログ記事の設計図

 

ここからはブログ記事の設計図、いわばどんなことに気を付けて、どんな内容を書けば良いかを紹介します。

骨組みを作る前の段階ですね。

 

何も考えていない状態でただ闇雲に書くのも1つの手ではありますが、

一握りの天才以外その手法はキツイかなと思います。

 

家を建てる時に【誰が住むのか】や【どんな構造】なのかなどを考えて設計図を作らなくてはちゃんと家が建ちませんよね。

 

ブログの文章も同じことで、本文を書く前にきちんとした設計図を作っておくと、

情報が整理されて楽に書けますし、内容がブレなくて済むので、

ある程度クオリティの担保された記事になってきます。

というか本文書く前の設計図作りでブログのクオリティの8割くらい決まると思っています。

 

↓上から順番に決めていくと良いですが、書ける部分から当てはめていくのも有りです。

 

・興味ある事を調べる

・関連キーワード確認

・キーワード選定

・競合サイト分析

・タイトル決め

・読者ペルソナを設定(誰に向けた記事か)

・読者の悩みを予想

・読者にどうなってほしいか

・この記事に関する自分の立場

・問題の解決策

・解決の根拠

・一番伝えたいこと(結論)

・結論への反論と、それに対するさらに反論を考える

・バズ、インタレスティング、人に教えたくなるポイントを決める

・マネタイズ方法を決める

・見出しを決める

 

いわゆる素材作りみたいな感覚ですが、これくらい決めて材料を集めておくと後からの記事執筆が楽になります。

 

ブログを書いている人のなかでは最低2000字くらいは書いたほうが良いけどそんなに文量書けないという方がいらっしゃいますが、

こうやって書くことを決めていけば2000文字なんてあっという間に書けちゃいます。

 

興味のあることを調べる

「こんなこと書こうかな」と決まっているのであれば必要がりませんが、

書くことが決まっていないのであればまずは興味のあるジャンルについてググってみるなりして

調べてみるのが良いです。

 

この作業ではあまり堅苦しく考えずに、「何かネタないかな」くらいのスタンスでOKです。

ちなみにこのブログは多ジャンルの雑記ブログですが、

主に【健康、恋愛、結婚、アクアリウム、自己啓発、仕事、運動】などを取り扱っているので、

そういったジャンルについてネットサーフィンしてネタ探しすることもがあります。

 

関連キーワード確認

「〇〇について書いてみようかな」と決まったら、

関連キーワード取得ツール】を使って、主なキーワードに付属するキーワードを調べましょう。

 

僕は実際にオンラインフィットネスの記事を書くときに調べたんですが、

こうやって見てみると【オンラインフィットネス】について調べる人はどんな検索意図ともって

について調べているのかわかります。

Yahoo!知恵袋の質問も一緒に載っているので、読者のニーズがわかって非常に便利です。

 

 

キーワード選定

記事作成においてまず【いの一番に大事】なのがキーワード選定です。

Googleの検索画面において読者は必ずキーワードを打ち込んで検索するので、

どんなに内容のある記事を書いてもキーワードを狙って書かなければまず読まれにくいです。

 

キーーワード選定は売りたい商材を決めるよりも先にして下さ

 

関連キーワード取得ツールである程度キーワードの目星がついたら、

【キーワードプランナー】を使ってそのキーワードについて調べてみることが大切です。

 

【キーワードプランナーでわかること】

・そのキーワードが月々何回くらい検索されているか(検索ボリューム)

・上位表示しやすそうか(競合性)

 

↑主にこういったことを調べます。

 

登録方法や使い方に関してはググってもらったりこういったサイトで見てもらえばいいかなと思います。

【最新版】5分で分かる「Googleキーワードプランナー」の使い方を解説

 

 

実際の画面だとこんな感じですね。

 

 

マイナーなキーワードなのか指定されたキーワードのところに【オンラインフィットネス】しか出てきません。

さらにキーワードをしぼると検索ボリュームは減ります。

 

【オンラインフィットネス 口コミ】だと月に100回も検索されてないですね。

 

 

もうちょっとメジャーなキーワードとかだと関連キーワードがたくさんでてきます。

 

 

まぁでもオンラインフィットネスは検索数が少なくても上位表示を取る練習になるかなと思い記事を書いてみることにしました。

検索ボリュームが少なくても、訴求できる商品の単価は高いので、書いても悪くはないかなと思ったからです。

 

上の画像を見ていただくとわかりますが、【オンラインフィットネス 口コミ】のキーワードは検索ボリュームが少ないくせに競合性が高いということは、

ニーズが少ないくせにライバルが強いという、正直全然うま味がない茨の道キーワードなんですが、

練習として狙ってみるのは良いかなと思うし、他にも【比較】や【評判】なんかでも上位が取れたら良いなと思って書いてます。

 

だけど普通に使う分には、月間1000件くらいは検索されていて競合性の高くないキーワードを攻めていくと良いと思います。

ネットの海のなかに宝物を見つけに行く感覚でキーワードを探してください

 

アフィリエイトするならこの検索ボリュームはかなり大事です。

例えばその商材に関連するキーワードの検索ボリュームがわかれば、上位表示できた時のだいたいの売り上げ見込みがわかるからです。

例えば月間の検索ボリューム1000件のキーワードがあるとして、SEOで1位をとれたとします。

 

しかし1位でも記事をクリックしてくれる確率は30%くらいなので、

その300人の読者があなたの記事を読んでどれくらいの人が広告をクリック(CTR)して

広告をクリックしたうちのどれくらいの人が商品を買うのか(CVR)を考えなくてはいけません。

 

【売り上げ見込みの想像の仕方】

・そのキーワードをどれだけの人が検索しているか(検索ボリューム)

・検索ボリュームのうちどれだけ自分のサイトに来るか(SEO)

・自分のサイトを見た人がどれだけ広告をクリックするか(CTR)

・広告をクリックしたうちのどれくらいの人が商品を購入するか(CVR)

・商品の単価

 

つまり

【売り上げ予想=検索ボリューム×サイトのクリック率×広告クリック率×購入率×商品単価】

 

これらを気にするとだいたいその記事の売り上げがわかります。

こういったことを考えて戦略的に記事を書いていくのが大切です。

が、それを気にして手が止まるのであれば、さっさと書いてみたほうがいいです。

 

記事を書く前にわかるのは【検索ボリューム】だけなので。

検索ボリュームぼうちあなたの記事にどれだけの人が来て、

どれだけの人が広告をクリックするかなんて記事を投稿してしばらくしないとわからないからですね。

 

大切なのはとにかく作業を継続して記事を書きまくることです。

 

CTRを上げるためにはあなたのセールスライティング力が問われますし、

CVRは広告主のサイトや商材によっても変わりますが、あなたのライティング力も関係ないではないので、

SEOライティングとセールスライティングを鍛えるのが良いと思います。

 

SEOライティングやセールスライティングは本読んだりググったりしてみるとすぐにわかります。

 

↓僕も読んでる定番のおすすめ書籍です。

 

SEOで上位表示させるための基礎固めがわかります。

 

SEOライティングの王道本です。

 

セールスライティングの基礎がわかります。

 

多くのアフィリエイターに人気の書籍です。

 

僕がブログを書くために参考にしているブロガーさんも載せておきます。

 

書き方に関しては彼らのブログに目を通しておけば勝手に力が付くと思います。

 

競合サイト分析

キーワードを決めたらそれでググってみて、上位表示されているサイトを読んでみて下さい。

最初に表示される広告以外の5件から10件くらいを見ておけば十分です。

 

競合サイト分析をすると勉強にもなりますし、自分が勝てそうかもわかりますし、どんな情報が抜けていて自分がどこで勝てるか、がわかります

 

で、上位表示できそうだなと思えば書いてみると良いと思います。

上位表示できるか微妙だなと思っても、「自分ならもっとわかりやすく綺麗に書けるのに」と思ったりすると

記事を書く基準になるかもしれません。

ちなみに僕はかつて【オンラインフィットネス 口コミ】のキーワードを狙って記事を書きましたが、

正直、上位表示できるか怪しかったですけれど上記した通り「自分ならもうちょっとわかりやすく綺麗に書けるかな」と思って書いたら

上位取れました。

こちらの赤枠の記事が僕の記事です。

2020年7月4日時点では2位に位置してます。

 

ある種SEOは後出しジャンケンなので、狙いたいキーワードがあるなら競合サイト分析すると良いです。

 

タイトル決め

タイトルはキーワードを含めていて自然な文章になるのであればOKだと思います。

僕はキーワードさえ決めてしまえば、タイトルはそれほどこだわって決めていません。

ただキーワード選定の段階で色んなキーワードを狙いたくなってブレブレになると、

色んなキーワード盛り込んで不自然なタイトルになっちゃうので、

そうならないようにキーワード選定はしっかりするように心がけてます。

 

もしキーワード選定がブレブレでも投稿して3か月後くらいにサーチコンソールで

自分の記事がどんなキーワードで検索されているかを調べるとキーワード(タイトル)を決めやすいです。

 

ブログ記事のいい所は後からリライトし放題なので、後からキーワード調整していけばOKです。

サーチコンソールを使ったリライトの仕方は、人気ブロガーのマクリンさんが素晴らしい動画を出しているので

参考にされてみて下さい。

 

 

読者ペルソナ設定(誰に向けた記事か)

誰に向けた記事なのか、読者のペルソナ設定をすることで記事内容がブレることを防ぎます。

例えばペルソナ設定をしていないと20代男性向けに書いていたのに、途中から40代女性に向けの内容にかわってしまうことがあります。

すると読者のニーズもブレるので文章がスッと入っていかなくなるわけです。

そうなると読者は記事を【自分事】にしにくくなるので、記事から離脱しやすくなったり商品を訴求されても

自分には必要ないものと思ってしまいます。

 

誰にでも向けた記事は誰にも読まれなかったりするので、【これは私のための記事だ】と読者に思ってもらうためにも、

ペルソナ設定をして読者をしぼる作業が必要なのです。

 

ここでペルソナ設定の方法ですが、ある程度読者の人物像が浮かべばざっくり決めて良いと思います。

人によってはその人の【趣味・交友関係】とか決める人もいるかもしれませんが、

記事を書きやすくするにあたって必要な情報だけ固めたらいいかなと。

 

例えば60代の女性向けのフィットネスの記事を書きたいと思えば、自分の母親を想定読者にすればいいですし、

煙草の辞めかたなどの記事を書きたいのであれば、煙草を辞められない自分の友達のための記事を書けば良いだけです。

 

僕も一応

・年齢

・年収

・性別

など決めますけど、相手の顔が思い浮かべられたらいいかなと思います。

 

そもそも記事は【皆さん】ではなく【あなた】に向けて書いたほうが読者の心に入っていくので、

【読者像】がブレない程度のペルソナ設定ができればOKです。

 

読者の悩みを予想

読者の悩みを予想すれば、書くべき内容が見えてきます。

関連キーワード取得ツールでニーズを掘るのもいいですし、

Yahoo!知恵袋やTwitterなどのSNSでリアルな声を探すのもありだと思います。

 

読者の悩みを考えれば、見出しを決めるのも楽です。

 

例えばオンラインフィットネスのことを検索する人は、

・サービス内容

・料金

・始め方

・準備する物

・実際やってみた感想

 

など他にも知りたいことがたくさんあるはずです。

これらを先回りして書いてあげると、かゆいところに手が届く良い記事が書けると思います。

 

読者にどうなってほしいか

読んだ結果、【じゃあどうしたらいいの?】とならないように読者を次の行動に促してあげることが重要です。

情報を網羅するだけではただの説明書です。

 

読者に新しい価値観を提案したいのか

なにか商品やサービスを提案したいのか

別のサイトに誘導したいのか

 

読者の必要とするものを考えながら、

読者の必要とするものを提案するのが大切です。

 

この記事に関する自分の立場

どこの誰かが書いた記事かわからないと、記事に説得力が足りなくなってしまうと考える方は多いみたいです。

正直僕が読者だったら良い情報が書かれていたら誰が書いたって気にしないのですが、

記事の権威性や信頼性を高めるためにも、

自分の立場を表明しておくといいみたいです。

 

例えば僕なら、

筋トレ関連の記事を書くときは【筋トレ15年続けてます】とか。

旅行関係の記事なら【5年ホテルマンやってます】とか。

そういった記事にあった自分の立場を表明して信頼性を上げたりします。

 

プロフィールを事細かに書く必要はありません。

読者が【この人の記事は情報が確かそうだな】と思ってくれたらOKです。

 

どのくらいきちんと読まれているかは記事ごとのPVや平均滞在時間を

Google アナリティクスで調べたらすぐわかりますので、

記事を投稿したら分析しましょう。

 

問題の解決策

問題の解決策をきちんと考えておかないと、読者の問題を解決するものと

こちらが提案するものがズレてしまう場合があります。

 

例えば極端な例ですが、

読者の悩み→疲れを取りたい

提案の1つ→お風呂での過ごし方が大事です

問題の解決策→リフォームの提案

とか、すっとんきょうな提案をしてしまうことになりかねません。

 

これは極端な例ですけど、問題の解決策をきちんと考えてないと不自然な提案をして売れるものも売れなくなります。

この場合は良い香りの入浴剤とかシャンプーとかマッサージオイルとか小型防水オーディオ機器とか訴求しておかしくないものを提案しましょう。

 

こっちが売りたいものと読者がほしいものは違うということを意識しないといけません。

 

問題解決の根拠

問題解決の根拠というのは、まぁいわばここで商品説明になってもいいのかなと思います。

その商品の利点・特徴ですね。

その商品によっていかに読者の問題が解決できるのか。

だからただ読者に対して商品の説明をするだけではダメなんです。

その商品を使ったことによって、読者がどう変化するのか、これを言わないといけないんです。

 

例えば疲れを取りたい読者がいて、睡眠サプリを訴求するとして、

その寝具の製造方法や原産国とか言われても読者としては【んなもん知らん!】となるわけです。

中にはミーハーな人とかは気にする人もいるかもしれませんが、ほとんどの人にとってはどうでもいいことです。

販売者が言いたいことと、読者が知りたいことは違います

読者はただその睡眠サプリが【なんぼで】【どんだけ目覚めをスッキリさせてくれんの?】ということくらいしか気にしてないです。

 

一番伝えたいこと(結論)

独りよがりの記事になってはいけませんが、明確な主張がなくブレブレで、

読者に「結局何が言いたいの?」と思わせてしまってはいけません。

記事の大筋、根幹を成すものとして、一番伝えたいこと(結論)を挙げておきましょう。

 

結論への反論と、それに対するさらに反論を考える

自分の主張を書くなら、それに対する反論も予想しておくべきです。

そういう【読者からのツッコミ】を考えて、さらにそれに対する反論も書くことで、

あなたの主張はより理論武装できて強固なものになりま

 

記事では結論を補足する説明として、主張の補足を書いていくことになりますが、

読者目線で記事にツッコミを入れつつ、さらにそれに対する反論も書いていけば、

より内容のある記事になっていきます。

 

バズ、インタレスティング、人に教えたくなるポイントを決める

バズポイントやインタレスティングポイントってのは僕が勝手に言ってる造語なんですが、

いわば面白かったり為になったりして人に教えたくなるポイントのことを言います。

社会的に有益な情報かつ面白ければ共感を生みやすいので人に言いやすいものです。

 

他にも「不倫されて離婚したけどマッチングアプリを使って再婚した」とか。

自分のコンプレックスを強みに変えたり、

1つのことにやたらと詳しかったりすると、人の興味をそそります。

 

「ただの変わってるだけ」だとそれだけで終わりますが、

その一見変わったあなたの主張を裏付ける明確な根拠があり、人を納得させる論理があれば良いと思います。

 

マネタイズ方法を決める

アフィリエイト案件を決めてからアフィリエイト案件ありきの記事を書くのもいいですが、

理想は読者のことを考えてキーワードありきで記事を書き、

読者の悩み解決のために商品を提案するのが理想です。

 

収益目的でブログを運営する以上、どうやって収益化していくかを考えるのは避けては通れない道ですので、

売れそうなものや高額なものを何でも売れば良いというわけではありません。

 

読者の悩みを解決するものとして、自分が良いと思ったものでないとそもそも詳しく書けないので、

アフィリエイトする案件はしっかりと日頃から調べて、自分が良いと思ったものを訴求していきましょう。

 

見出しを決める

本文を書く前に見出しを決めておくと本文が書きやすくなるので絶対にしておいてください。

文章構成が決まるとどれだけ書かないといけないかわかりますし、あとは書いていくだけなので安心しますよ。

 

先に見出しを決めておくことによって、書いていくうちに主張や論理のズレをせずに済むので、

無計画に書き始めるのではなく、予め見出しを決めて骨組みを作ってください。

 

文章構成については下記の項目でも説明します。

 

スポンサーリンク

実際に僕がブログを書くときの作業手順

 

ここからは上記した材料を基に、僕がブログを書く際にたどっている手順を紹介します。

 

・キーワードを含んだタイトルを書く

・読者の悩みを書く

・結論かく

・自分のプロフィールを書く

・見出し項目を決める

・見出し2に画像を載せる

・マネタイズのリンク載せる ←ここまでが骨組み作り

・本文書く

・見直す

 

ざっと見ていただいてわかる通り、本文を書くのは最後のほうです。

記事の骨組みさえ決めてしまえば、あとの本文は書きたいところや書きやすいところから書けば良いと思っています。

あとで読んで自然に見えるのであればOKです。

 

体を洗う時に頭、顔、首、肩、胸、で最後に足の裏、と洗わなくていいように、

文章も書きたいところから書いてOKです。

 

これらの本格的な作業とは別に、ASPを見回して良さそうな案件をチェックしてます。

 

スポンサーリンク

ブログ本文の流れ

ビジネス

 

・読者の悩み

・結論

・自分の立場表明

・解決の方法や根拠

・再び結論とまとめ

 

この記事も同じような構成で書かれていますが、

こうやって記事の流れを決めておくと、

記事を書くときに楽になります。

 

一番大事なのは【結論はさっさと記事頭に書く】ということです。

小説ではないので、オチは最初に書きましょう。

 

結論を書いておいて後からその根拠を補足していく文章校正の方が、

読者は安心して読み進めていけます。

 

いつまでたっても結論が書かれていないと、読者はイライラしてすぐ記事から離脱してしまうことになりかねないので、

結論は最初に書きましょう。

そしてまとめとしてまた最後に結論を書きましょう。

 

スポンサーリンク

どうしても記事が書けない場合

会議と成功

 

どうしても記事が書けない場合は、無理して書くと書くのが嫌いになっちゃうかもしれないので、

そんな時は本を読んだりしてインプットに徹したり、寝たり遊んだりして気分転換するのが良いです。

ただ気力があるのであれば、とにかくパソコンに向かって鬼作業すると、突破口が見えてくるものなので、

とにかく作業しまくるってのも有りです。

 

ただ執筆などの単純作業は他に任せてネタ集めなどに注力したい場合もあります。

そういう方には記事作成代行サービスとかもあるので、利用してみるのもアリかなと思います。

 

【SEOに強いおすすめの記事代行サービス】

日本最大級の記事作成サービス【サグーワークス】

【丸投げOKアフィリエイトサイト作成代行サービス】

Marunaget
【あなたの代わりにプロがサイトを作成】

Commit
 

スポンサーリンク

まとめ

まとめになりますが、やはり人に読んでもらうための記事ならある程度【書く内容】【流れ】を整理したほうが良いです。

ブログの型は【自分が書きやすくなる】ためにも必要ですし、【読者が読みやすくなる】ためにも必要です。

 

色々書きましたが、最も大事なのは【キーワード選定】と【読者目線】です。

それさえ忘れなければおかしな記事になる事は無いと思うので、

今回のフォーマットにあてはめながら書いてみて下さい。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

HIRO

HIRO-BLOG運営者のヒロです | 元接客業なのに30代からブログを始めてWebマーケターに転職し、今では会社のマーケティング責任者で、採用にも関わっています。個人でブログも運営しています |「マーケティング×副業×転職×スキルアップ」などQOLを上げるための情報を発信中 | 中身は32歳妻子持ちのおっさんです | 【経歴】ブラック土木設計技師➡夜勤ホテルマン➡Webマーケター | 筋トレや熱帯魚が好き | プロフィール詳細

-ブログ運営

Copyright© HIRO-BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.