ライフハック

僕が犯してきた大二病行為と今

大学生

みなさんこんにちは、ひろです。

30歳にもなるといっちょまえに将来のことなど考えることがありまして、40歳になった自分はどんな感じなんだろうと思ったんですね。

変わるのかな?変わらないのかな?

なんてね。

将来のことはわからないのですが、過去を基準に考えると少しわかりやすくなる気がします。

なので僕は10年前、20歳くらいの時のことを考えたわけですね。

んーあの時といったら思いっきり大二病だった頃ですね。

いまと比べたら全然違う、と信じたいくらいに恥ずかしい振る舞いをしてきました。

去を知ることによって未来を知ることのヒントになるかもしれないと思い(?)めちゃめちゃ心苦しいですが、大二病について考察しようと思いついた次第であります(笑)

なかなかね、論理が破綻している気がしますけれども、温かい目で見てご容赦いただけたらと思います。

 

ではまずね、大二病を考える前に、中二病について解説したいと思います。

なぜなら大二病というのは中二病の派生語であるからです。

 

スポンサーリンク

中二病とは

元々は伊集院光氏のラジオ「深夜の馬鹿力」から生まれた言葉です。

その当時は「大人は汚いと言い出す」や「本当の友達を探そうとする」「母親の言動にムキになって反発する」「洋楽を聴きだす」「飲めもしないブラックコーヒーを飲み始める」など14歳前後なら誰でもありそうな心理状態のことを指していました。

しかし2005年あたりからネット上のスラングとして再燃し、段々と別の意味に変わっていきました

今では身の丈に合わない壮大な設定の妄想の中に生きる人のことを中二病というようになりました。

例えばアニメ「中二病でも恋したい」のキャラクター達に代表されるような、いわゆる邪気眼属性の持ち主のことを中二病と定義することが多いようです。

その他は悪ぶってみる系も中二病の一種であると思われます。

 

スポンサーリンク

大二病とは

中二病よりも後発的なもので、中二病からの派生語です。

大学2年生くらいの年ごろの人間が陥りがちな状態で、自己意識の肥大化が原因と思われます。自意識過剰ということですね。

自我にたっぷり脂肪がついて周りが見えない状態です。

狭い世界しかしらないために起こる自尊心の肥大です。

 

一般的には、20歳前後の時期に見られるようなスタバの信者になったり・SNSなどで現代社会について主張したり・高校生は若いなどと発言することを言うそうです。

大人になりたい・良く見られたいなど周りを目を気にしながらしている行いです。

全ては自分を良く見せるためです。

中二病と同じく自意識をこじらせたための言動を言うそうですが、SNSなどで現代社会について主張していても別に自意識をこじらせているわけじゃない人もたくさんいますし、スタバ好きだからといって自意識をこじらせているわけじゃない人もたくさんいるので、この大二病の定義には個人的には疑問を覚えます

それよりも僕が思う大二病あるあるをあえて載せるのであれば、

 

・寝てないアピール

・バイトきついアピール

・旅行や短期留学で海外かぶれ

・タバコ美味いアピール

・酒飲めるアピール

・パチンコで負けた勝ったアピール

という感じでしょうか。

大二病というのは痛い大学生あるあるみたいなものですね。

いまだからこそ僕の左目に封印されし古の青竜は「今となればかわいいもんじゃないか、若気の至りだ」と言ってくれるのですが、当時の僕にはわからなかったのです。

今だからこそあの見栄っ張りはなんだったのかと思うのですけどね。

 

スポンサーリンク

僕がしていた大二病行為

恥を承知で過去の汚点を晒します。

 

寝てない&勉強してるアピール

完全に地獄のミサワ状態でした。

留学前や留学中など、勉強しすぎて毎日4時間しか寝てませんみたいなこと吹聴してましたね。

まぁ「そういう日もあった」というのが事実で、毎日4時間しか寝ていないというのは完全嘘でございます。

タイムマシーンがあったら過去の自分の頬を張り倒したいですね。

昔の自分の目の前に立ってビンタマシーンと化したい自分がいます。

いやー、でも本当にこの寝てない&勉強しているアピールは良くしてましたね。

なまじ留学試験に受かってしまったので、誰も突っ込んでくれる人もおらず、自分は自分で自己を顧みることができないアホなので、抑止力が働かなくて長いこと恥ずかしいことをしていました。

実際はめちゃめちゃガッツリ爆睡してますし、勉強どころか毎日PCの前で自分磨きしてただけなんですよね。

もうほんとね、僕が寝てない&勉強してないアピールをするたびにね、僕はこの世の中に毒ガスやゲロを散布していたのと一緒ですよ。

僕が吐くしょうもない嘘で何度時空を歪めてきたことか。

周りの方々には迷惑をかけてしまいまして、本当に申し訳ありませんでした。

今は逆に、めちゃめちゃ睡眠とってます!と胸を張って言えるようになりました!

え、そういうことじゃない?

 

実年齢より上に見えるということによる意味不明な自惚れ

これは100%自分からのアピールというかといえば微妙なところですが、いま思うと痛い内面だったなーと思うのでピックアップしました。

というのも当時19歳の時点で老け顔だったり言動が比較的落ち着いて「見えた」こともあって、僕のことを知らない同級生や先輩に出会うとよく4年生ですか?とか先輩ですよね?と言われていたんです。

そういったことを言われるたびにちょっと得意になっていた自分がいるんですよね。

でも実際は何の中身もないわけです。

ただ外見や話し方などが実年齢よりも年上に見えるというだけのことなんですけど、それでちょっといい気になってたんですよね。

恥ずかしい限りです。

 

変な海外かぶれにはならなかった

ただひとつだけ自分を褒めてあげたいのは、留学したけど変な海外かぶれにならなかったことですね(笑)

留学するとたいてい「海外ではこうなのに日本ではー」みたいに外国のことを良く言って日本を下げる発言をする人がいますよね。

海外のことも日本のことも良く知っているわけではないのにも関わらず。

学生が数か月海外に滞在した程度で色々と知ったつもりになるのはいかがなもんかと思うわけです。

それがきっかけで学びになればいいですけどね。

個人的には、アメリカから帰ってきて数週間はあっちでのノリが消えなかったことはありますけど、それは文化の違いや習慣なので別に恥じてはないです。

 

スポンサーリンク

周りにいた大二病

僕だけの例ではまだデータが足りないので、実際に僕の周りにいた大二病患者たちを挙げたいと思います。

学校という場所は同世代の人間が多数あつまる環境で周りに大二病が多いので、なかなか自分の症状にも気づきにくいんですよね。

まぁそれはいいとして、ではさっそく周りにいた大二病の友達を晒していきましょう。

 

バイトきついアピール

これは友達の数人がよーく言っていたことなんですが居酒屋バイトがきついということなんですよね。

社員のここが使えないとか、バイト何人でお店回したとか、よく言ってました。

正直くそつまらんしどうでもよかったです。

 

飲み会きついアピール

サークルなどの飲み会がきついということなんですが、なら行くなよと。

結局楽しんでいるのが見え見えでした。

 

パチンコで勝った負けたアピール

バイトで稼いだ10数万のお金をパチンコして1日で無駄にしただと増やしただのということを言っている友達がいました。

めちゃめちゃアホやん。

 

クローズ観てケンカしたくなった発言

これは大二病なのかといったら中二病に近いのかもしれませんが、当時流行った漫画のクローズの映画クローズゼロを観てからというもの「喧嘩してぇー」を連発していた友達がいました。

正直聞いててめちゃめちゃ恥ずかしかったです。

 

スポンサーリンク

改めて大二病とはなんぞや

自分や周辺の友達の例を挙げてみて思ったのですが、大二病というのは自我が青年から大人へ変化している途中の状態じゃないかと思うんですね。

ポケモンならコクーンの状態です(?)

中二病ではないので邪気眼つかいではないのですが、別の方向で十二分にイタイですよね。

中二病も大二病も心理状態は似ていて、要は歪んだ承認欲求の発露なんじゃないかと思います。

中二病は、自己の世界観や妄想を承認してほしいがための言動

大二病は、大人であることを承認してほしいがための言動

なんだと思います。

寝ないで頑張ってますアピールも、バイトきついアピールも、大人のように認められたいという欲求なんだと思います。

でも深い部分では大人と認められていない、実はそうではない偽物だということがわかっているので、周りにアピールするのでしょう。

自分というものがまだ確立されていないのです。

でもこういった内面の変化は大人になる過程で誰しも起こりうることなので、何も悪くないことだと思います。

日本の現状では一般的にだいたい22歳くらいまでモラトリアム期間があり、それまでほぼ同世代とばかり行動するので、しょうがない現象だと思います。

だから大二病というイタイ大学生あるあるが発生するのでしょう。

 

過去を鑑みつつ今どうするか?

過去の自分を分析して恥じることは簡単ですが、それからどう学んで次に生かすかによって、過去がゴミとなるか財産となるか違ってくると思います。

どうせなら、僕はあの痛かった過去を財産としたいと思います。

なので過去の大二病だった僕自身を学びの種として今後の自分やこれを読んでくれている方々のためになればと思います。

 

寝てないアピールや勉強してますアピールは、要はがんばっている自分でいたかったということなんですね。

だから口だけじゃなくて、いま行動に移せばいいわけです。

がんばればいいんです。

それが当時の僕にとって理想の自分だったはずです。

じゃあ何を頑張るかというと、このブログ・株・英会話・筋トレ・その他不動産含めた知識のインプットと実践ということなんですね。

過去の自分はがんばりたかったので、頑張れるものが見つかって良かったと思います。

2019年5月3日現在30歳の僕は、10年前の20歳の頃には、ブログや株や英会話や筋トレやその他勉強など、習慣的にルーティンとして取り入れているなんて思いもしませんでした。

10年前の僕は留学から帰ってきたら目標を失って焦燥を覚えながらも自堕落に生きてきただけなので、それを考えるとがんばれるものが見つかっただけでとても幸せなことだと思います。

じゃあなんでブログや株などをやっているのかというと、時間とお金を手に入れるためなんですね。

じゃあなんで時間とお金を手に入れたいかというと、行きたいときに自由に旅行してたくさんの人に出会ったり、広い自宅の池で錦鯉やヒレナガゴイなどを飼ったり、したいことが山ほどあるからなんですね。

そのためには労働型の収入ではなく、ある程度不労でも入るたくさんのお金が必要なわけです。

じゃあなんで自由に旅行してたくさんの人に出会ったり、池で魚を飼いたいかというと、それを達成している自分を想像すると、めちゃめちゃ気持ちよかったからなんです。

とてつもない充足感を覚えました。満たされました。

これは僕が生まれてきた意味なんだと思いましたね。

僕が人生で達成するべきことなんだと思いました。

 

次の10年に向けて

元号も令和にかわって、新しい時代になりましたね。

10年前の僕は将来やりたいこともなくて絶望していました。

でも今の僕はやりたいことが明確になったので、次の10年が非常に楽しみです。

10年前絶望していた自分でも、ここまで思えるようになったのは、やはりどうにかしたいと思って知識を取り入れ続けてきたからだと思います。

あの時絶望していた僕の10年後が割とハッピーな今なのだから、今割とハッピーでやること明確になっている僕のこれからの10年を考えるとめちゃめちゃええことになっているんじゃないかと思います。

楽天的すぎますかね?

まぁでも何も勉強せんと10年ぼけっとしていたらいかんのでしょうけど、そこはちゃんと時代の流れを汲んでいくつもりなので、どうにかなるでしょう(笑)

起きてもないことで不安に感じてもしょうがないので、どうせならトコトン楽しんでやろうと思ってます。

人は過去の中も未来の中も生きられないですからね。

生きられるのは今です。

人生には今の連続があるだけです。

だから僕はトコトン今を楽しみつつ、将来のために良い種まきをたくさんしていこうと思っています。

 

それでは今日はこの辺で。

さよなら。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

HIRO

HIRO-BLOG運営者のヒロです | 元接客業なのに30代からブログを始めてWebマーケターに転職し、今では会社のマーケティング責任者で、採用にも関わっています。個人でブログも運営しています |「マーケティング×副業×転職×スキルアップ」などQOLを上げるための情報を発信中 | 中身は32歳妻子持ちのおっさんです | 【経歴】ブラック土木設計技師➡夜勤ホテルマン➡Webマーケター | 筋トレや熱帯魚が好き | プロフィール詳細

-ライフハック
-

Copyright© HIRO-BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.