ライフハック

俺の時短ぜんぶ書く

砂と時計

(2019年6月20日初稿)

自分でブログを書いていて、思ったんだけど俺って時短系の記事が多いなと思ったんです。

何を生き急いでるんやと、思ったんですけど、時短にこだわるには理由があるんです。

 

スポンサーリンク

やりたいことがいっぱいあるから時短が必要

アイディア

僕は普通のサラリーマンです。

なので一般的なサラリーマンと同様、フルタイムで働いております。

でもやりたいことがいっぱいあるわけです。

ブログ・筋トレ・英会話・読書・ピアノ・株

仕事してない時間にこれらの5項目をルーティンでこなしていかないかんわけです。

でもこれは僕の願望を実現するための機能と言いますか手段に過ぎません。

突き詰めると結局、自分は自由に旅をしたかったりのんびり豊かに暮らしたかったりするわけなんですね。

他にはね、被雇用者としてフルタイムで働きたくないという強い強い強い想いがあります(笑)

たぶん僕は他の誰よりも働きたくないという想いが強い自信があります!w

本当に子供のころから働きたくないと思っていたし、大卒後にブラック企業を経験して僕の働きたくないマインドはMAXになりましたw

働きたくないがために、色々やっているわけです。

ブログをやるのは書きたいことがあって書くのが好きというのもありますが、お金が稼げなかったらこんなに毎日のように書いてないですし。

ピアノに手を出してハマってやってるのは、単純に歌う事が好きなのとピアノをやってみたいという気持ちがあったからですが、YouTubeに投稿して広告収入を得たいからです。

株をやっているのはモロにお金のためですしね。

つまり僕は超絶働きたくないから足掻いているんです!w

頑張りたくないから努力しているのです!w

とてつもない矛盾を感じますが、ブログ・YouTube・株などは積みあがっていくと資産になって時間を作ってくれるものなのでやっています。

もし巨額な不動産収入があったりすでに生涯賃金の何倍も持っていたら僕は労働なんかしません!w

まぁだいたいの人がそうだと思いますけどね。

働きたくないのにずっとそこに居続けるか、働きたくないからそこから脱却するためにもがくか。

僕は後者を選びました。

だからサラリーマンをしながらも、資産形成するためにブログ・ピアノ・株などをコツコツやっているわけです。

そうしているうちに、試行錯誤しているうちに自然発生的に時間を生む工夫をするようになりました。

 

スポンサーリンク

通勤で時短

道路

「通勤時間は人生の無駄」

僕はリアルにそう思っています。

過去の記事にも書いたことがありますが、大事なことなのでもう一度書きます。

もし毎日往復2時間を通勤に費やしているのであれば、50年のフルタイムの勤務でおよそ26000時間、丸3年の時間を通勤だけに費やしていることになります。

これは本当に無駄ですね。

その2時間で何かインプットやアウトプットができればまだマシですが、本当に移動だけなら命の無駄です。

丸3年あればなんだってできますよ。

人生変えられます。

だから職場から近いところに引っ越しましょう。

僕は通勤に時間を取られるのが本当に嫌なので、職場から自転車で15分の所に引っ越しました。

他にも職場に近い物件はありましたが、ジムやスーパーから遠いので逆にトータルでは時短になりません。

今の家はジムやスーパーから近いし、職場まで自転車で行けば軽い有酸素運動になるのでちょうどいい距離です。

 

スポンサーリンク

仕事で時短

大学生

いくら仕事に慣れたり、仕事術を勉強しても、そもそも残業が多い仕事なら自由な時間は取れません。

それでは時短の使用がありません。

それに会社の仕組みとして、仕事に慣れたら慣れていくほど仕事や責任が増えます。

仕事を早く終わらせる術を得ても、仕事が増えるだけなので早く終わらないんです(笑)

なんか悲しくなりますね。

ブラック企業時代、僕の先輩や上司は明らかに僕よりスキルがあって、僕より残業してましたしね。

そんなもんです。

仕事のスキルが上がっても、自由な時間は増えません。

まぁ、自分の仕事をさっさと終わらせて、就業時間中にバレないように副業するとか読書するとか、自分のための時間に使う猛者もいるかもしれませんが、それができない環境も多いですよね。

それならさっさと転職した方がいいですね。

だから僕は残業だらけのブラック企業におさらばして、時間の取れる今の仕事につきました。

転職したからって別に収入が減るわけではないですし、そこはケースバイケースです。

 

 

スポンサーリンク

食事で時短

豪華なピザ

僕は食べるのが好きなんですが、朝や昼はさっと済ませたい派です。

ルーティンが終わってからの晩御飯はゆっくり取ることがありますが、その他は簡単なもんです。

料理っていくら手早く行っても時間がかかるものですよね。

でも安易にコンビニ弁当や冷凍食品を使いたくはないんです。

冷凍餃子とか冷凍ブロッコリーとかは好きですけどね?

ここからは僕が良く食べる朝食や昼食を紹介します。

 

茹でたササミとブロッコリーを冷凍しておいたもの

 

冷凍ブロッコリーとササミ

ササミを2kgくらい大量に買ってきて、切って茹でて100gずつ小分けにしておきます。

加工してある冷凍ブロッコリーも一緒に入れて全体で150g程度になります。

それをたくさん冷凍しておくだけです。

食べる時はチンしてポン酢をかけたりして食べます。

ゴミも減らせるしかなり時短になります。

 

野菜はカットされた袋詰めのものを買う

野菜を取りたいけど切るのは時間がかかるし、使わない部分はゴミが出るし、そもそも使いきれなかったら無駄になります。

ということで僕は色んな野菜が袋詰めされたものを買っています。

スーパーの野菜コーナーに行けばたいてい「お鍋セット」とか「野菜炒めセット」とかで一袋100円から200円くらいで売っているはずです。

野菜単体で買う場合と比較しても別に高くはないですし、バランスよく色んな野菜が入っているので使いやすいです。

こちらでカットする必要もないし、ゴミは袋だけですし、良いことばかりです。

 

オートミールとプロテイン活用

朝食か昼食はオートミールとプロテインと果物と牛乳を混ぜたものを取ることが多いです。

牛乳がヨーグルトにかわることもあります。

オートミールは腹持ちが良く、食物繊維が多い優れた炭水化物です。

タンパク質も多いですし、健康を気にされる方にはもってこいです。

美味しくないという意見もありますが、個人的にはまずいなんて思ったことないですね。

そりゃオートミールだけで食えばほとんどなんの味もしないかもしれません。

だってオートミールだけを食べるのは麦だけ食ってるのと一緒ですから。

プロテインやブルーベリーやヨーグルトと混ぜたりして食べるので、味の問題はありません。

 

スポンサーリンク

運動で時短

 

筋トレは高重量でやればOKです。

何種目もやる必要はありません。

筋トレの時短についてはこちらの記事にまとめましたのでご参考にされてください。

時間がない人におすすめのウエイトトレーニング方法。工夫して時短筋トレしよう。

 

時間の割合

仕事上シフトで動いているので、1日だけを切り取ってスケジュールを見るとバラバラですが、一か月の平均で見ると、

33.5% 寝たり雑務をこなしたり自由に過ごす時間
31%   仕事(生きるためのお金を稼ぐ)の時間
4%  体を鍛える時間
33.5% 将来のための時間(ブログ・株・ピアノ・読書)

という割り振りです。

寝たりするいわゆる将来のためにならない時間が長いかなー?と思うこともありますが、

休息や何もしない時間や自由時間も必要だと思って休む時はかなり休みます。

寝る時はちゃんと寝るようにしてます。

眠いのを我慢して作業してもインプットもアウトプットもできたもんじゃないからです。

結局効率が悪いので、眠かったら割り切って寝ましょう。

僕らがロボットみたいにプログラム通りに作業できればいいですけど、生身の人間ですから疲れて眠くなる時とか体調がすぐれない時もありますよ。

そういう時は寝ましょう。

寝て頭をすっきりさせて、それから効率の良い作業をしましょう。

 

副業したいサラリーマンこそ時短を

・通勤は時間の無駄。職場に近い所に引っ越すべし。

・仕事が上手くなっても自由は増えない。残業多かったら転職じゃ。

・食事は工夫で時短できる。料理の時間を減らすべし。

・運動は少ない種目で高重量筋トレをすれば時短できる。

家事とかはね、家政婦さんのサービス使ったりすればいいかもしれませんが、今回は自分でできることだけをまとめました。

他にもね、床掃除はルンバに任せるとか、そもそも物をあまり置かないとか、服をあまり持たず選ぶ時間を削減するとか、色々ありますけど、そういうのは他の人がたくさん書いているので書きませんでした(笑)

また他にも時短スキルを思いついたら書いてみますね。

ちなみに自分は読書の時短はできないです。

速読をしようと思った時期もありましたが、全然だめで諦めました。

速読しようとしても、まず全然頭に入って来ないですね。

なので本は普通に読んでます。

最近はね、年金が崩壊したとか、退職金カットとか、給料が下がったとかで、日本が騒いでおりますが、まぁそんなの前からわかってただろうと。

だからこれからは会社で給料もらいながらも、空いた時間で副業するのが良いです。

だからこそ、時間を生むため工夫して時短する必要があるわけです。

僕の生き方はね、たぶん食事に3時間も4時間も使うヨーロッパ人とかからすると意味わからんかもしれませんが、まぁ好きでやってることなんでゆるしてちょーという感じですね。

せっかちというわけではないんですけどね。

むしろせっかちとは真逆です。

ゆっくりと有意義な時間を過ごしたいから時短のための工夫をしているわけです。

大きな違いです。

まぁ今日はこんなところですかね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

HIRO

HIRO-BLOG運営者のヒロです | 元接客業なのに30代からブログを始めてWebマーケターに転職し、今では会社のマーケティング責任者で、採用にも関わっています。個人でブログも運営しています |「マーケティング×副業×転職×スキルアップ」などQOLを上げるための情報を発信中 | 中身は32歳妻子持ちのおっさんです | 【経歴】ブラック土木設計技師➡夜勤ホテルマン➡Webマーケター | 筋トレや熱帯魚が好き | プロフィール詳細

-ライフハック
-

Copyright© HIRO-BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.