恋愛・結婚

ハイパー出会い厨だった僕が女の子と出会うためにやっていたことを語るよwww

橋と男女

※この記事は出会いを求める世の男性のためになればと思い書きました。

以前こちらの記事にも書きましたが、数年前まで僕はネットワークビジネスをやっていました。

その時にとにかく人脈を増やそうと人と会いまくっていたわけですが、その経験を踏まえて僕がどうやって女の子と知り合っていたかをシェアします。

今の僕だったら使っていたと思いますが当時の僕は出会い系サイトを使いませんでしたし、路上ナンパもしませんでした。

でもコンスタントに月に10人くらいの女の子と会ってお茶したりしていました。

ちなみに今思うと笑い話ですが当時の僕は真面目にネットワークビジネスをしていたので、どんなに可愛い女の子と出会っても男女の仲になろうとせずに全部ビジネスにつなげていました(笑)

でもそのおかげで女の子と自然に話せていた節もあります(笑)

ビジネスのことしか考えてないので下心はありませんでしたからね(笑)

 

スポンサーリンク

出会う方法

 

異業種交流会

若者向けの異業種交流会ってどの地域でもやっていると思います。

ああいったイベントで実際にビジネスにつなげている人ってどれくらいいるのかわかりませんが、僕は異業種交流会で女の子と出会いまくっていました。

男性も良い感じの人がいたら誘っていましたがほとんど女性狙いでした。

ネットワークの商材は化粧品やサプリですし、口コミが好きなのは男性よりも女性だからです。

それにどうせ一緒にビジネスをするのであれば女の子としたほうが単純に楽しいというのと、ビジネス色が強くなってきたり女の子が増えてくるとどうせ男性が集まるので女の子と出会うようにしていました。

まぁそれはいいとして。

異業種交流会と言っても色々ありますが、たいていは名刺交換タイムやフリータイムがあるので、その時に名刺を配りまくります。

話がはずめばLINEやFacebookなどのSNSでつながったりしていました。

異業種交流会ということでビジネス向きなので男性が多いと思われるかもしれませんが、女性も多いです。

男女比はそう変わりません

異業種交流会に来るような人はそもそも出会いを求めているので、その後のアプローチでもつながりやすいです。

LINEなどで連絡手段を得た人とはとにかく後日「お茶しませんか?(*^_^*)」とか言って個人的に会ってました。

※その時にビジネスの話はしません。仲良くなるだけです。

その時に仲良くなるのと同時に相手のニーズを引き出したりしていました。

いつもノートを持ち歩いていたので、女の子の悩みを紙に書きだしたりして悩み相談なんかしていました(笑)

始めはびっくりされますが、女の子の悩みを紙に書いて一緒に考えていると反応が良くてその後何度も会うことも多かったです。

単にお茶しておしゃべりすることも多かったですけどね。

こなしていくうちにできるようになってくるもんです。

 

飲み会イベントやスポーツイベント

カクテル談笑

どこの地方にも調べたらいると思いますが、飲み会やスポーツを主催しているイベンターはいるものです。

飲み会イベントはネットワークビジネスが多いですけど、そうでないものもたくさんあります。

参加費は3000円くらいでたくさんの女の子と出会えるのでまぁいいんじゃないでしょうか。

ただ参加するだけではもったいないので、主催者と仲良くなるべきですね。

そうすればイベント情報を流してくれますし、人脈も広がりやすいです。

 

SNS

テキスト打ち込み

昔はmixiのコミュなどに書き込んで足跡を付けた女の子にメッセージ送りまくってました(笑)

これは出会える確率は低いですが、金銭的なコストはゼロなので数うちゃ当たるで片手間にコツコツやってました。

いまならmixiじゃなくて別のSNSをすると思いますけどね。

Mixiからそのままイベントなどに誘うこともありましたがそれだと確率が低いのでまずお茶かランチにでも誘って会ってました。

 

BAR

ひとりでBARに行くのが好きだったのでとなりに座った女の子としゃべっていました。

それだとナンパっぽくないので相手も自然と話してくれますしね。

妻と出会ったのもBARのカラオケイベントでしたし、BARで出会うのもありだと思います。

BARに行くと必ずカウンターに座って店員さんと話します。

女の子も店員さんと話すので、流れで会話に入ります。

すると店員さんと僕と女の子の3人で話すことになりますが、ずっとそれでもOKですし、高確率で店員さんは他のお客さんの接客もするので、自然と僕と女の子だけでしゃべるようになります。

まぁ飲んでるときはそこまで細かく考えてないですけどね。

後から思い返すとそうなっていたなという感じです。

僕の感覚では女の子と仲良くなりやすいのはカラオケ付きのBARが良いと思います。

楽しい雰囲気が作りやすいので、会話も弾むし他の人が歌っているとうるさいので自然と顔を近づけやすくなってきますしね。

キャバクラにいくより全然楽しいです(笑)

 

スポンサーリンク

誘い方

談笑する男女

先にも書きましたが、一度会ってさえいれば「お茶しよ」とか「ランチいこ」とか「飲みいこ」とか言えばたいてい誘いに乗ってくれます。

一番いかんのはかしこまった誘い方だったりデートしようと直球で誘うことです。

かるーく言うのがいいです

かしこまった言い方だと相手は身構えてしまいますし、先にこちらの好意を伝えてしまうのは、変な言い方ですけどこちらの手の内を知らせてしまうのでよろしくありません。

どんな動物でも、メスという生き物は優秀なオスの遺伝子を求めています。

人間も例外ではありません。

よって先に男性が女性に好意を打ち明けてしまうことは、女性よりも下に見られてしまう可能性が高いのです。

だから誘い方はかるーく「お茶しよ」とかでいいのです。

それくらいなら嫌な相手でなければたいていの女の子はついてきてくれます。

例え彼氏がいたって来てくれる人は何人もいました。

実際にふたりきりで会ってしまえば可能性は広がります。

逆にまず会わないとどうにもなりません

いきなり親密な関係にならなくても、何度か会えばいいのです。

会話をすれば次の約束だとか共通の話題だとかが生まれますから。

会わないことには何にもなりません

別にデートと言って誘わなくても、あなたと会っている時間がデートかデートじゃないかは勝手に相手が判断します。

難しいこと何も考えなくていいんです。

その余裕を持つためにも、たくさんの人に会うことをおすすめします。

その理由はこちらの記事で細かく書いているので、ご参考にされてください。

 

スポンサーリンク

最後に

 

いかがだったでしょうか。

今回は僕が実際に行っていた女の子との出会い方を書きました。

いまはインターネットが発達している平和な世の中なので出会おうと思えばどうにだってできます。

あとはやるかやらないか、行動次第です。

といっても堅苦しい物じゃないです。

女の子との出会いはやればやるほど楽しくなってくるので(笑)

 

こんなこと言ってますが、これらは過去の話なので妻帯者となったいまではしていません。

でもこの経験が少しでも世の男性のためになればと思い記事にしました。

ババッと書いたので未完成な部分もありますが、また色々思い出したらリライトして手を加えていこうと思います。

 

それでは今日はこの辺で。

さよなら。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

HIRO

HIRO-BLOG運営者のヒロです | Webマーケティング社員&ブロガー | 「スキルアップ×副業×転職術」などQOLを上げるためのtweet&ブログを更新中 | 【経歴】ブラック土木設計技師➡夜勤ホテルマン➡Webマーケター | 筋トレや熱帯魚が好き | プロフィール詳細

-恋愛・結婚
-,

Copyright© HIRO-BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.